ショートサービスとロングサービスの特徴|卓球サービス | VICTAS卓球用品メーカー

カート

ショートサービスとロングサービスの特徴|卓球サービス

2020/07/31

ショートサービスとロングサービスの特徴|卓球サービス

卓球上達情報
サービスは回転だけではなく、長さも重要となってきます。 そこで今回はショートサービスとロングサービスについてご紹介します。

●ショートサービス
・3球目攻撃のバリエーションが豊富
・基本的には相手に1発で打ち抜かれにくく、ドライブされない (ただし、チキータなどがあるので、高さに気を付けないといけない)
・ダブルスでは必ず必要
・短すぎるとストップが厳しくなる

ショートサービスは短すぎず、台上で2バウンドするくらいがちょうどよく、バウンドの高さにも注意が必要です。


●ロングサービス
・3球目が台上プレーにならず、チキータされない
・ショートサービスの効果を上げる
・スピード、タイミングの要素が使える
・全ての回転が出しやすく、回転量をMAXまで上げられる
・ロングサービスのため先手がとられやすいのでカウンターやブロックの技術が必要になる
・ショートサービスと違って、相手がドライブをしてくる選択が出てくる (空間の要素を相手に使われる)
・得点を読みにくい(運の要素)
・3球目のシステムが読みにくい(相手に先手を取られる可能性が高いため)


ロングサービスはハイリスク・ハイリターンのサービスです。 しかし、ショートサービスだけを出していては、相手は何も怖くありません。
前に付いてチキータなどで狙ってくる可能性もあります。
例え、ロングサービスから失点してしまっても、相手にロングサービスがあると思わせることが大事になります。


今回はショートサービスとロングサービスの特徴についてご紹介しました。

<ショートサービスとロングサービスを効果的にする工夫>

1.スイングでの工夫
・小さいモーションでロングサービス
・大きいモーションでショートサービス
これは小さいモーションだとショートサービス、大きいモーションだとロングサービスが来ると相手が考えやすく、相手を一瞬でも動きを止めることができる。

2.バウンドでの工夫
サービスの1バウンド目をネット近くにするとショートサービスになり、エンドラインにするとロングサービスが出しやすい。
その原理を利用して1バウンド目をエンドラインに落とすショートサービスを身につければ相手を錯乱できる。

こちらの記事の参考動画も見て、ぜひご参考ください!
▶▶▶卓球におけるサービスの重要性│卓球サービス技術編

このように前回紹介した回転も大事ですが、長さも武器になるので練習してみましょう。

NIWA KOKI マフラータオル VICTAS 丹羽孝希 VICTAS EZ CUSTOM 卓球 イージーカスタム ウェア シャツ パンツ オリジナルウェア もれなくソックスをプレゼント!TSPウェアキャンペーン

Newsletter