トップ選手も大きく分かれるシェークハンドの2種類の握り方 | VICTAS卓球用品メーカー

カート
  • TSP製品(ラバー・ラケット)生産完了とVICTAS製品への移行のお知らせ 詳細はこちら

トップ選手も大きく分かれるシェークハンドの2種類の握り方

2020/04/10

トップ選手も大きく分かれるシェークハンドの2種類の握り方

卓球上達情報
トップ選手も大きく分かれるシェークハンドの2種類の握り方

卓球ラケットのグリップの種類と握り方を紹介しましたが、次にシェークハンドの握り方を紹介します。

>>初心者も復習したい人も必見!卓球ラケットのグリップの種類と握り方


シェークハンドラケットの握り方は大きく分けて2種類あります。 フォアハンドグリップとバックハンドグリップです。 


<フォアハンドグリップ>
フォアハンドを打つのに適した握り方。
フォアハンドを得意とする選手に多く見られる。
卓球 フォアハンドグリップ

<バックハンドグリップ>
バックハンドを打つのに適した握り方。
バックハンドを得意とする選手に多く見られる。
卓球 グリップ


どちらもトップ選手が半々でいるのでやりやすい方でプレーしましょう。

さらに、フォアハンドグリップ、バックハンドグリップの中でも浅めと深めの握り方があります。
それぞれの特長は以下の表の通りです。






トップ選手を見ても、多種多様なグリップスタイルがあります。

 卓球 VICTAS 契約選手 丹羽孝希 フォアハンドグリップ
丹羽孝希選手:フォアハンドグリップ

卓球 リアムピッチフォード VICTAS 契約選手
卓球 VICTAS 契約選手 リアムピッチフォード バックハンド グリップ
Liam Pitchford選手:バックハンドグリップ


理想はすべての技を同じグリップできたほうがいいですが、トップ選手でも多少握りを変える選手もいます。
中には、フォアハンドグリップとバックハンドグリップの間の持ち方だったり、打つ時に持ち替える選手もいます。

それぞれのメリット・デメリットを理解した上で、自分の握りやすいグリップでプレーしてみましょう!

VICTAS TSP TSPブランドヒストリー特設サイト 卓球 VICTAS EZ CUSTOM 卓球 イージーカスタム ウェア シャツ パンツ オリジナルウェア もれなくソックスをプレゼント!TSPウェアキャンペーン

Newsletter