回転をかける感覚をつかむループドライブの練習方法 Part2|ドライブ技術編 | VICTAS卓球用品メーカー

カート
  • 【VICTAS JOURNAL】回転量と威力でゲームを制するVICTAS初の強粘着裏ソフトラバー『TRIPLEシリーズ』 詳細はこちら
  • 『TSPブランドヒストリー』VICTASへ継承する製品 ラケット編を公開しました 詳細はこちら

回転をかける感覚をつかむループドライブの練習方法 Part2|ドライブ技術編

2020/02/28

回転をかける感覚をつかむループドライブの練習方法 Part2|ドライブ技術編

卓球基本技術
卓球 フォアハンドドライブ ループドライブ 練習 方法 メニュー 
前回に引き続き、今回もボールに回転をかける訓練を紹介します。

>>回転をかける感覚をつかむループドライブの練習方法 Part1

ボールに回転をかける感覚をつかんだら、飛んでくるボールに合わせてループドライブを打ってみましょう。

【練習方法~STEP2~】

<多球練習>
下回転のボールをだしてもらい、飛んでくるボールに合わせてループドライブを打ってみましょう。

1)最初はステップ1と同じようなスイングで行いましょう。バックスイングは出来るだけ取らないことが注意点です。
飛んでこないボールに対して回転をかけるステップ1の方が難しいため、ステップ1ができていたら、ステップ2はそんなに難しくはありません。

2)1)に慣れてきたら体重移動を少し加えて打球してみましょう。 (後ろから前へ、下から上へ)

3)最後に、バックスイングとフォロースローを打球の前後に少し入れてみましょう。



↓動画でも確認しましょう↓

【練習方法~STEP3~】

サーブを出して相手に返球してもらい、ループドライブをします。
実戦のような生きた球はスピードや回転量などが毎回変わってきますので、自分で調節しながら打ってみましょう。
安定してループドライブができるようになれば、試合で試してみましょう。



↓動画でも確認しましょう↓

【練習レベルアップ】

STEP2、STEP3の練習方法を以下のコースでも行います。
(下記イラストは右利き対右利きの場合)

A)1コース

1)フォアからフォアへクロス
2)バックからバックへクロス
3)フォアからフォアへストレート
4)バックからバックへストレート









B)コート半面ランダム
1)フォアサイド
2)バックサイド




C)フォア(飛びつき)・バック(回り込み)1本1本 


D)全面ランダム
※打てない場合はツッツキで返球。「打てる」、「打てない」ボールの判断が大事になります。







【関連コンテンツ】
回転をかける感覚をつかむループドライブの練習方法 Part1

VICTAS TSP TSPブランドヒストリー特設サイト 卓球 VICTAS EZ CUSTOM 卓球 イージーカスタム ウェア シャツ パンツ オリジナルウェア VICTAS VICTAS PLAY 卓球 ウェア 

Newsletter