スピードドライブをマスターする2通りの方法|ドライブ技術編 | VICTAS卓球用品メーカー

カート
  • 株式会社VICTAS 代表取締役社長 交代に関するお知らせ 詳細はこちら

スピードドライブをマスターする2通りの練習方法|ドライブ技術編

2020/03/13

スピードドライブをマスターする2通りの方法|ドライブ技術編

卓球基本技術
卓球 フォアハンドドライブ スピードドライブ 練習 方法 VICTAS 卓球総研
前回スピードドライブがなぜ回転が必要なのかを説明しましたが、今回はスピードドライブをマスターするための練習方法について紹介します。


>>【前回記事】スピードドライブこそ必要なのは回転量

スピードドライブをマスターする2つの方法

まず技術習得には2つの考え方があります。
仮に、半年後にスキルレベル5(スキルレベルは1から5まであるとする)で、80%の確率のスピードドライブが打てることを目標とします。

1つ目は、スキルレベルは維持して確率をあげていく考え方です。
例:スキルレベル5のボールが50本中1本打てる状態から、徐々にスキルレベル5のボールを打てる本数を増やしていく。




2つ目は、確率は維持してスキルレベルをあげていく。

例:スキルレベル1でもいいから50本中40本以上返球できる確率を維持して、徐々にスキルレベルの方を上げていく。




余談ですが、関西は1つ目、関東は2つ目の方法を行う傾向が見られます。
自分に合っているやり方で習得していきましょう。 どちらにせよ毎日、根気よく続けることが大事です。

スピードドライブの練習方法

ループドライブの記事でも紹介した練習をスピードドライブでも行います。

>>回転をかける感覚をつかむループドライブの練習方法


(下記イラストは右利き対右利きの場合)

A)1コース

1)フォアからフォアへクロス
2)バックからバックへクロス
3)フォアからフォアへストレート
4)バックからバックへストレート









B)コート半面ランダム
1)フォアサイド
2)バックサイド




C)フォア(飛びつき)・バック(回り込み)1本1本 
D)全面ランダム
※打てない場合はツッツキで返球。

これらの練習にプラスして下記練習も行います。

E)ループドライブとスピードドライブを混ぜて練習をする。(対下回転)
F)対ロングボール ・下回転→ロングボール(2球連続で打つ練習)

ループドライブとスピードドライブを織り交ぜることで判断力が身につきます!

NIWA KOKI マフラータオル VICTAS 丹羽孝希 VICTAS EZ CUSTOM 卓球 イージーカスタム ウェア シャツ パンツ オリジナルウェア もれなくソックスをプレゼント!TSPウェアキャンペーン

Newsletter