各種目でベスト8が決定。男子ダブルスの同士討ちは宇田/戸上に軍配/ VICTAS journal | VICTAS卓球用品メーカー

カート
  • 卓球総合メーカー「 VICTAS (ヴィクタス)」は創業90周年を迎えました 詳細はこちら
  • 『創業90周年記念 選手モデルラケット』を発売いたします 詳細はこちら
  • 『V>15 Extra』と『VENTUS シリーズ』に新カラーが登場しました 詳細はこちら

VICTAS Journal

各種目でベスト8が決定。男子ダブルスの同士討ちは宇田/戸上に軍配

●女子ダブルス3回戦 

伊藤美誠/早田ひな 7、-9、6、8 ヴィンター/ミッテルハム(ドイツ)

石川佳純/平野美宇 4、9、8 Su.サウェータブット/パラナン(タイ)

●男子ダブルス3回戦

戸上隼輔/宇田幸矢 -11、12、-4、4、4 張本智和/森薗政崇

●混合ダブルス3回戦

張本智和/早田ひな 12、-6、9、6 黄鎮廷/杜凱琹(香港)

●女子シングルス4回戦
石川佳純 6、9、8、8 スッチ(ルーマニア)
伊藤美誠 9、-9、8、-8、10、10 Su.サウェータブット(タイ)
王芸迪(中国) 4、6、-13、6、-18、5 早田ひな
陳夢(中国) 10、-13、-8、8、7、-11、5 平野美宇

 世界選手権個人戦4日目が終了し、ダブルス3種目、男女シングルスでベスト8が出揃った。日本からは女子ダブルスで2ペア、男子ダブルスと混合ダブルスで1ペア、女子シングルスで2人が準々決勝進出を決めている。
 女子ダブルスでは伊藤/早田、石川/平野がメダルをかけた準々決勝へと進出。ともにコンビネーションの高さを感じさせる試合運びを見せた。準々決勝の相手は伊藤/早田がサマラ/ドラゴマン(ルーマニア)、石川/平野が前回優勝の孫穎莎/王曼ユ(中国)となっている。

伊藤/早田


 男子ダブルス3回戦は日本勢の同士討ち。試合はフルゲームまでもつれたが、第1、3ゲームを落としていた宇田/戸上が第5ゲームでスタートダッシュに成功し、逆転勝利を収めた。アジア選手権でも優勝を飾っている宇田/戸上、明日はドリンコール/ピッチフォード(イングランド)がメダル決定戦の相手だ。

宇田/戸上

森薗/張本


 混合ダブルスでは張本/早田が強敵の黄鎮廷/杜凱琹に勝利。ラリーでの強さが光る香港ペアをパワーで上回ってベスト8まで勝ち上がった。準々決勝ではジャー/王曼ユ(アメリカ/中国)を破ったグナナセカラン/バトラ(インド)と対戦。

 4選手が登場した女子シングルス4回戦では石川と伊藤が勝利を収めて準々決勝へ。石川はサービス・レシーブが冴えてスッチを完封。伊藤はSu.サウェータブットにサービスが効かず、ラリーでも苦しめられたがゲームカウント2-2から5、6ゲーム目をジュースで奪ってなんとか逃げ切った。

石川


 また、敗れはしたが会場を大いに沸かせたのが平野。東京五輪金メダリストの陳夢を相手に激しいラリーを展開し、鉄壁の攻守を誇る陳夢の堅陣を何度も打ち抜いた。6ゲーム目にはマッチポイントをしのいでフルゲームまで持ち込んだ。落とした1、4ゲーム目も途中までリードを奪うなど勝機は十分にあった。

平野

90周年特設ページ
 カラーラバー EZCUSTOM
Newsletter