苦戦の日本勢、ダブルスは快調にベスト16進出/ VICTAS journal | VICTAS卓球用品メーカー

カート
  • 卓球総合メーカー「 VICTAS (ヴィクタス)」は創業90周年を迎えました 詳細はこちら
  • 『創業90周年記念 選手モデルラケット』を発売いたします 詳細はこちら
  • 『V>15 Extra』と『VENTUS シリーズ』に新カラーが登場しました 詳細はこちら

VICTAS Journal

苦戦の日本勢、ダブルスは快調にベスト16進出

●混合ダブルス2回戦
張本智和/早田ひな −4、5、−7、6、5 宇田幸矢/芝田沙季
●女子ダブルス2回戦
平野美宇/石川佳純 12、8、6 スッチ/ポルカノバ(ルーマニア/オーストリア)
早田ひな/伊藤美誠 9、7、1 陳思羽/李昱諄(チャイニーズタイペイ)
●男子ダブルス2回戦
宇田幸矢/戸上隼輔 5、8、6 デヴォ/オラー(ベルギー/フィンランド)
張本智和/森薗政崇 12、7、4 アルト/シフエンテス(アルゼンチン)


昨日の大会2日目は、男子シングルスで苦戦が続いた日本チーム。しかし、ダブルス3種目は快調だ。大会3日目の初戦、同士討ちの混合ダブルスはゲームオールまでもつれたが、続く4試合はいずれも日本がストレート勝ち。「感謝祭(サンクスギビングデー)」の休日で、多くの観客が訪れている会場をわかせている。

アジア選手権優勝の宇田/戸上(上写真)は、ヨーロッパの長身ペアを寄せ付けずにストレート勝ち。左肩を傷めている宇田だが、「昨日試合がなかったのでしっかりケアすることができて、今日は痛みも引いてきたし、得意のフォアハンドが出せるようになってきた」と復調に手応えを感じている。パートナーの戸上は「メダルまでは必ず勝てると思っているし、決勝を見据えて頑張りたい。目標は優勝です」と力強く語った。一度打ち始めたら、相手に主導権を渡さない連続攻撃がふたりの強みだ。

続く男子ダブルス3回戦は、宇田/戸上と張本/森薗のチームメイト対決。練習試合では宇田/戸上が全勝しているというが、「挑戦者のつもりで戦うだけ」(森薗)という張本/森薗にも、向かっていける強みがある。見ごたえある打撃戦が展開されるだろう。

まだまだコンビネーションは発展途上の張本/森薗だが、ダブルス巧者の森薗がうまくアシスト

90周年特設ページ
 カラーラバー EZCUSTOM
Newsletter