日本女子、出場の5選手が揃ってシングルス3回戦進出!/ VICTAS journal | VICTAS卓球用品メーカー

カート
  • 卓球総合メーカー「 VICTAS (ヴィクタス)」は創業90周年を迎えました 詳細はこちら
  • 『創業90周年記念 選手モデルラケット』を発売いたします 詳細はこちら
  • 『V>15 Extra』と『VENTUS シリーズ』に新カラーが登場しました 詳細はこちら

VICTAS Journal

日本女子、出場の5選手が揃ってシングルス3回戦進出!

上写真:初のメダル獲得に突き進む、第3シードの伊藤美誠

●女子シングルス2回戦
早田ひな 5、4、3、4 Ah.ムケルジ(インド)
石川佳純 12、5、4、7 ピッコリン(イタリア)
平野美宇 5、9、9、14 タカハシ(ブラジル)
伊藤美誠 3、9、4、11 アカシェバ(カザフスタン)
芝田沙季 3、−7、−11、4、5、−6、6 エーラント(オランダ)

●明日の女子シングルス3回戦の対戦カード
石川佳純 vs. ペソツカ(ウクライナ)
平野美宇 vs. バラゾバ(スロバキア)
早田ひな vs. メシュレフ(エジプト)
伊藤美誠 vs. 芝田沙季

日本男子チームにとっては、まるで「魔の水曜日」だった大会2日目。最終試合となった芝田対エーラント戦で、芝田が最終ゲーム6-6からのラストスパートで振り切り、劇的な勝利。時刻は深夜の11時20分になろうとしていた。日本チームの長い長い1日が終わった。芝田は試合後、「言葉が出ないです。本当に苦しい試合でした。途中から流れが悪くなる中で、踏ん張って、踏ん張って最後勝つことができた」と言葉を絞り出した。

エーラントとの壮絶なラリー戦を制した芝田

世界ランキング43位の芝田は、28位と格上のエーラントが相手ということもあり、ゲームオールまで競ったが、日本女子の残る4選手はいずれもストレート勝ち。中国とともに格の違う強さを会場で見せつけている。

世界ランキング3位で第3シードの伊藤は、日本選手では初めて1台しか設置されていないメインアリーナに登場。20歳と同世代のアカシェバを落ち着いて攻略した。「(対戦相手は)動画を見ていても、ボールが合うと何本でも返してくる相手だと感じていた。相手がサービスに慣れてきた2ゲーム目以降は、何本も返される場面があったので、コース取りやスマッシュで攻略できて良かったです」と試合後に語った伊藤。

プレーに波が出やすい異質型でありながら、サービス・レシーブ、台上プレーにブロック、バック強打にスマッシュとあらゆるプレーで得点できるのが強み。ひとつのプレーが不調でも、プレーの中での「セーフティネット」がたくさんある。3回戦は芝田との「同士討ち」となる。

世界卓球で初のメダル獲得を狙う石川は、バックハンドが強いイタリアのピッコリンを完封。サウスポーの選手は、バックハンドの強い選手にフォアに振られると不利な展開になりやすいが、「全体のプレーは初戦としては結構良かったですね。サービス・レシーブでしっかり得点していけたし、メンタル的にも落ち着いていました」と貫禄のコメント。伊藤・石川とともに東京オリンピックの団体戦に出場した平野も、長身でパワーのあるタカハシ(ブラジル)をストレートで破っている。

2大会ぶりのメダル獲得に向けて突き進む平野美宇

世界卓球のシングルス初出場の早田は、フォア表ソフト・バックアンチのムケルジ(インド)を見事に攻略。ジャパンオープンで対戦経験があり、特異なスタイルにもあわてることなく対処した。これまで故障が多かった早田だが、「体幹を意識して、6割から7割のパワーで打つこと」を心がけ、柔軟かつパワフルな攻撃を見せるようになっている。3回戦ではアフリカの女王、同じ左腕のメシュレフ(エジプト)と相まみえる。

3種目エントリーの早田、しっかり体力を温存して3回戦進出

90周年特設ページ
 カラーラバー EZCUSTOM
Newsletter