東京オリンピック・パラリンピックは延期 選手の再選考は行わず 男子日本代表3選手もコメント/ VICTAS journal | VICTAS卓球用品メーカー

カート
  • オリジナルウェア制作サービス「VICTAS EZCUSTOM」を開始 詳細はこちら

VICTAS Journal

東京オリンピック・パラリンピックは延期 選手の再選考は行わず 男子日本代表3選手もコメント

2020年3月24日(火)、新型コロナウイルス(COVID-19)の影響を受け、アスリートや観客等の安心、安全の確保のため、2020東京オリンピック・パラリンピックが延期されることが、国際オリンピック委員会(IOC)と東京2020組織委員会により発表された。

男女ともに既に代表メンバーが決定している状況だが、大会延期に伴う代表選考のやり直しはしない方針を宮崎義仁・強化本部長がコメントした。

2020東京オリンピック・パラリンピック延期を受け、東京オリンピック男子代表の3選手もそれぞれの所属先を通してコメント

張本智和(木下グループ)


僕自身、東京五輪に向けて準備しなければいけない課題がまだまだあると焦っていたので、準備の時間ができたと前向きにとらえようと思います。

練習を重ねることが自信に変わることを信じて、今できることを1つずつやっていき、その時がきた時に、最高のパフォーマンスと笑顔をお見せできるように気持ちを切らさず頑張ります。

今はつらい時期ですが共に力を合わせ乗り越えていきましょう!


丹羽孝希(スヴェンソン)


「突然のことで驚いていますが、オリンピックがいつ開催されたとしても日本代表として最高のパフォーマンスができるよう準備していきたいと思います。

また、世界中の方々の健康と平穏な生活が戻るよう、1日でも早くこの状況が終息を迎えることを願っています。

東京オリンピック開催準備に向け多くの方々がご尽力されてきたと思いますが、世界中のアスリートと一緒に戦うことができるオリンピック開催を祈り、自分に今できることを積み重ねて参ります。」

SVENSON HOLDINGSより
https://bit.ly/39u6Q8E

水谷隼(木下グループ)


以前より明言させていただいている通り、東京五輪は僕にとって卓球人生の大きな区切りになると思っています。

延期の発表には戸惑いましたが、この1年しっかり準備して頑張ります。

集大成である東京五輪で混合ダブルスと団体戦でのメダル獲得を目指して、誰にも負けない強い気持ちを持って練習に臨みます


※写真はITTFより(2020ドイツオープン時)

NIWA KOKI マフラータオル VICTAS 丹羽孝希 VICTAS EZ CUSTOM 卓球 イージーカスタム ウェア シャツ パンツ オリジナルウェア もれなくソックスをプレゼント!TSPウェアキャンペーン

Newsletter