WTTマカオ 男子は馬龍が制す/ VICTAS journal | VICTAS卓球用品メーカー

カート
  • 【VICTAS JOURNAL】回転量と威力でゲームを制するVICTAS初の強粘着裏ソフトラバー『TRIPLEシリーズ』 詳細はこちら
  • 『TSPブランドヒストリー』VICTASへ継承する製品 ラケット編を公開しました 詳細はこちら

VICTAS Journal

WTTマカオ 男子は馬龍が制す

2021年に本格始動する新大会WTT(ワールドテーブルテニス)のプロモーションイベントに位置づけられているWTTマカオが2020年11月25日~29日、マカオで開催された。

大会は、バトル1(25日)、バトル2(26日)、トップ4シードバトル(25、26日)、準順決勝(27日)、準決勝(28日)、決勝(29日)の日程で開催。
前半の2日間は、出場選手16名が世界ランキング順に振りけられ、1~4位はトップシードバトル、5~16位はそれぞれバトル1、バトル2で試合が行われ、3日目からは勝ち残った8選手で準々決勝以降が行われた。
試合方式やオレンジボールを採用したゲームを行うなど、新感覚の大会となった。

中国の若手選手の台頭が目立つ中、先日行われたITTFファイナルズで史上初の6度目の優勝を飾った馬龍がベテランの意地を見せ、優勝を果たした。

【出場選手】
許昕(中国)
馬龍(中国)
林高遠(中国)
方博(中国)
趙子豪(中国)
王楚欽(中国)

ウーゴ・カルデラノ(ブラジル)
林昀儒(チャイニーズタイペイ)
マティアス・ファルク(スウェーデン)
鄭栄植(韓国)
リアム・ピッチフォード(イングランド)
張禹珍(韓国)
SALEH Ahmed(エジプト)
黄鎮延(中国香港)
ロベルト・ガルドシュ(オーストリア)



【バトル1】

ドロー結果
張禹珍 vs リアム・ピッチフォード 1-3
(9,-4,-10,-7)
方博 vs ロベルト・ガルドシュ 3-1
(9,-8,3,7)
SALEH Ahmed vs 黄鎮延 2-3
(8,-10,-7,9,-9)
趙子豪 vs グスターボ・ツボイ 1-3
(4,-6,-8,-8)


【バトル2】

ドロー結果
昀儒 vs 方博 2-3
(-7,-10,2,10,-11)
マティアス・ファルク vs グスターボ・ツボイ 3-0
(5,10,10)
王楚欽 vs 黄鎮延 3-1
(6,4,-6,5)
鄭栄植 vs リアム・ピッチフォード 3-2
(-6,8,8,-9,5)


【トップ4】
(※オレンジボール、5ポイント先取ルールが採用)

ドロー結果
1.許昕 vs ウーゴ・カルデラノ 3-2
(-4,-3,1,2,3)
2.馬龍 vs 林高遠 3-1
(-3,2,2,2)


【トップ4 W1 vs W2】
(※オレンジボール、5ポイント先取ルールが採用)

ドロー結果
馬龍 vs 許昕 3-2
(-1,2,4,-3,2)


【トップ4 L1 vs L2】
(※オレンジボール、5ポイント先取ルールが採用)

ドロー結果
ウーゴ・カルデラノ vs 林高遠 2-3
(2,2,-3,-1,-2)


【ファイナル 準々決勝】
(※5セットマッチ、10-10になった場合先に11点目を取った方が1ゲーム奪取ルール採用)

ドロー結果
許昕 vs  マティアス・ファルク 1-3
(-7,-10,2,-8)
王楚欽 vs ウーゴ・カルデラノ 3-2
(10,-8,4,-7,9)
林高遠 vs 方博 3-1
(-10,7,9,5)
馬龍 vs 鄭栄植 2-3
(-8,-7,10,9,-5)


【ファイナル 準決勝】
(※7セットマッチ、10-10になった場合先に11点目を取った方が1ゲーム奪取ルール採用)

ドロー結果
マティアス・ファルク vs 王楚欽 0-4
(-3,-8,-8,-7)
林高遠 vs 馬龍 1-4
(-5,-10,8,-7,-3)


【ファイナル 決勝】
(※9セットマッチ、10-10になった場合先に11点目を取った方が1ゲーム奪取ルール採用)

ドロー結果
王楚欽 vs 馬龍 1-5
(-5,-9,-4,-5,10,-8)

※写真はITTFより

VICTAS TSP TSPブランドヒストリー特設サイト 卓球 VICTAS EZ CUSTOM 卓球 イージーカスタム ウェア シャツ パンツ オリジナルウェア VICTAS VICTAS PLAY 卓球 ウェア 

Newsletter