WTTマカオ 女子は孫穎莎が制す/ VICTAS journal | VICTAS卓球用品メーカー

カート

  卓球総合メーカー「 VICTAS (ヴィクタス)」は創業90周年を迎えました 
詳細はこちら

VICTAS Journal

WTTマカオ 女子は孫穎莎が制す

2021年に本格始動する新大会WTT(ワールドテーブルテニス)のプロモーションイベントに位置づけられているWTTマカオが2020年11月25日~29日、マカオで開催された。

男子同様、中国勢の同士討ちとなった女子決勝。
先日行われたITTFファイナルズ3位、女子ワールドカップ準優勝と優勝に手が届いていなかった孫穎莎が、ITTFファイナルズ・女子ワールドカップ王者の陳夢を破って決勝進出を果たした陳幸同を退け、優勝を果たした。

【出場選手】
陳夢(中国)
孫穎莎(中国)
王曼昱(中国)
鄭怡静(チャイニーズタイペイ)
馮天薇(シンガポール)
杜凱琹(中国香港)
田志希(韓国)
アドリアーナ・ディアス(プエルトリコ)
ペトリッサ・ゾルヤ(ドイツ)
徐孝元(韓国)
王藝迪(中国)
陳幸同(中国)
劉煒珊(中国)


【バトル1】

ドロー結果
チャン・リリー vs ペトリサ・ゾルヤ 3-0
(5,7,8)
杜凱栞 vs ベルナデッテ・スッチ 3-2
(7,-7,8,-6,7)
田志希 vs アドリアーナ・ディアス 3-0
(6,2,8)
徐孝元 vs 劉煒珊 1-3
(6,-6,-8,-3)


【バトル2】

ドロー結果
鄭怡静 vs 劉煒珊 3-2
(9,-8,5,-8,-7)
馮天薇 vs チャン・リリー 3-0
(5,4,6)
王藝迪 vs 田志希 3-0
(5,2,5)
陳幸同 vs 杜凱栞 3-0
(8,8,3)


【トップ4】
(※オレンジボール、5ポイント先取ルールが採用)

ドロー結果
1.陳夢 vs 丁寧 3-1
(2,3,-4,1)
2.孫穎莎 vs 王曼昱 2-3
(-3,1,2,-3,-3)


【トップ4 W1 vs W2】
(※オレンジボール、5ポイント先取ルールが採用)

ドロー結果
陳夢 vs 王曼昱 1-3
(-0,4,-4,-3)


【トップ4 L1 vs L2】
(※オレンジボール、5ポイント先取ルールが採用)

ドロー結果
丁寧 vs 孫穎莎 3-1
(1,2,-1,2)


【ファイナル 準々決勝】
(※5セットマッチ、10-10になった場合先に11点目を取った方が1ゲーム奪取、最終セットは2点差をつけた方が1ゲーム奪取ルール採用)

ドロー結果
王曼昱 vs 鄭怡静 3-1
(3,7,-8,3)
王藝迪 vs 孫穎莎 2-3
(-6,10,-3,6,-9)
丁寧 vs 陳幸同 2-3
(10,7,-9,-8,-12)
馮天薇 vs 陳夢 1-3
(-10,-7,10,-3)


【ファイナル 準決勝】
(※7セットマッチ、10-10になった場合先に11点目を取った方が1ゲーム奪取、最終セットは2点差をつけた方が1ゲーム奪取ルール採用)

ドロー結果
王曼昱 vs 孫穎莎 3-4
(8,-7,7,2,-10,-10)
陳幸同 vs 陳夢 4-3
(-10,-1,-7,10,9,5,7)


【ファイナル 決勝】
(※7セットマッチ、10-10になった場合先に11点目を取った方が1ゲーム奪取、最終セットは2点差をつけた方が1ゲーム奪取ルール採用)

ドロー結果
孫穎莎 vs 陳幸同 5-1
(10,8,6,-9,6,4)


※写真はITTFより

90周年特設ページ
 カラーラバー EZCUSTOM
Newsletter