2020 ITTF ファイナルズ 男子、馬龍が大会史上初の6度目の優勝を飾る/ VICTAS journal | VICTAS卓球用品メーカー

カート
  • 『VICTAS ギア商品情報特設ページ』を公開しました 詳細はこちら
  •  公益財団法人 日本卓球協会の卓球男子代表 公式ウェアに「VICTAS」が決定 詳細はこちら
  •  卓球男子日本代表 丹羽孝希選手 ノジマTリーグ2021-2022 「T.T彩たま」と契約決定 詳細はこちら

VICTAS Journal

2020 ITTF ファイナルズ 男子、馬龍が大会史上初の6度目の優勝を飾る

2020年11月19~22日から中国・鄭州にて「2020 ITTFファイナルズ」が開催された。
例年は「ITTFグランドファイナル」として年間チャンピオン大会が開催されており、招待選手は世界ランクのほかに、ITTFワールドツアー、同ツアーのプラチナ大会の獲得ポイントの上位16人が対象であった。
だが、今年は新型コロナウィルスのパンデミックにより、ワールドツアーが中断に。そのため世界ランク上位16名の招待選手のみ、例年開催しているダブルスは行わず、シングルスのみの開催とし、大会名称を「2020 ITTFファイナルズ」に変更しての開催となった。

決勝は先日開催された『2020男子ワールドカップ』と同カード、馬龍(中国)対樊振東(中国)。
1ゲームしか与えない隙のなさで、樊振東を制し、馬龍が大会史上初の6度目の優勝を飾った。

また、中国が圧倒的な強さで上位を独占する中、韓国の張禹珍が林高遠(中国)を破り、中国人選手以外で唯一ベスト4に食い込んだ。

日本は丹羽孝希、張本智和が出場。
丹羽は1回戦、世界ランク5位の林高遠(中国)と対戦。スピーディーなバックハンドの応酬となったが、流れをつかめず、0-4のストレートで敗れ初戦敗退となった。
VICTAS VICTAS JOURNAL 卓球 ITTFファイナルズ 男子 丹羽孝希

張本は1回戦、先日の男子ワールドカップ3位決定戦と同カード、韓国の張禹珍と対戦。
ハイスピードなバックハンドで張本が先に3ゲームを取る優位な展開となるも、張が粘りをみせフルセットの接戦に。張が先日のリベンジを果たし4-3で勝利。張本は初戦敗退となった。
VICTAS VICTAS JOURNAL 卓球 ITTFファイナルズ 男子 張本智和

【出場選手】
樊振東(中国)
許昕(中国)
馬龍(中国)
張本智和(日本)
林高遠(中国)
ウーゴ・カルデラノ(ブラジル)
林昀儒(チャイニーズタイペイ)
マティアス・ファルク(スウェーデン)
ドミトリ・オフチャロフ(ドイツ)
丹羽孝希(日本)
鄭栄植(韓国)
リアム・ピッチフォード(イングランド)
パトリック・フランチスカ(ドイツ)
張禹珍(韓国)
ゴジ・シモン(フランス)
アルナ・クアドリ(ナイジェリア)

【決勝トーナメント1回戦】

ドロー結果
樊振東 vs 鄭栄植 4-0
(6,2,5,7)
リアム・ピッチフォード vs ウーゴ・カルデラノ 0-4
(-4,-4,-11,-10)
林高遠 vs 丹羽孝希 4-0
(9,3,4,9)
張禹珍 vs 張本智和 4-3
(-6,-2,7,-7,10,2,5)
馬龍 vs パトリック・フランチスカ 4-0
(10,1,6,4)
ゴジ・シモン vs マティアス・ファルク  3-4
(-4,-9,5,7,10,-6,-7)
昀儒 vs ドミトリ・オフチャロフ 4-2
(-8,3,-4,9,6,10)
アルナ・クアドリ vs 許昕 0-4
(-10,-8,-6,-5)


【準々決勝】

ドロー結果
樊振東 vs  ーゴ・カルデラノ 4-1
(6,11,7,-9,9)
林高遠 vs 張禹珍 3-4
(-7,10,1,-7,-10,8,-6)
馬龍 vs マティアス・ファルク 4-2
(5,-7,-5,6,9,11)
昀儒 vs 許昕 2-4
(-7,-8,9,7,-2,-3)


【準決勝】

ドロー結果
樊振東 vs  張禹珍 4-1
(8,4,-13,8,5)
馬龍 vs 許昕 4-1
(-11,9,9,8,7)


【決勝】

ドロー結果
樊振東 vs  馬龍 1-4
(-11,-7,-10,9,-8)

※写真は全てITTFより

VICTAS TSP TSPブランドヒストリー特設サイト 卓球 VICTAS EZ CUSTOM 卓球 イージーカスタム ウェア シャツ パンツ オリジナルウェア VICTAS VICTAS PLAY 卓球 ウェア 

Newsletter