ITTF(国際卓球連盟) CEOのSteve Dainton氏がメッセージを発信/ VICTAS journal | VICTAS卓球用品メーカー

カート
  • オリジナルウェア制作サービス「VICTAS EZCUSTOM」を開始 詳細はこちら

VICTAS Journal

ITTF(国際卓球連盟) CEOのSteve Dainton氏がメッセージを発信

2020年4月12日(日)、ITTF(国際卓球連盟) CEOのSteve Dainton氏がメッセージを発信。

新型コロナウイルス(COVID19)の世界的な広がりを受けて、卓球界、ITTFがこの危機を乗り切るために何をしているのか、また長期的なアイデアについても以下のように語った。

1、健康と安全の確保を最優先事項とする
韓国で開催される予定であった世界選手権の延期、ITTFの活動停止を少なくとも6月末まで延長しなければならないことになった。世界選手権が2020年9月下旬から10月上旬に開催されるよう、世界的な状況が改善されることを期待している。また、日々の状況を確認するためにタスクフォースを設置、ITTFは最新の情報を入手し、より効果的な計画を立てることができるようになった。

2、ITTFイベントに合理的なカレンダーとスポーツソリューションを探している
イベントが延期や中止になり、東京オリンピック・パラリンピックも2021年に延期になる中、常に2020年と2021年の予定をチェックして様々なイベントへの影響を想定すること。
また、世界ランキングやオリンピック・パラリンピックの予選に関連したスポーツソリューションも大きな影響を受ける。競技部門、競技委員会、世界ランキングについては、現在、様々なスポーツプラットフォームの完全性を損なわないようにするために、あらゆる可能性のあるシナリオを想定する。

3、ITTFの財政的な存続を確保するために
すべてのスポーツや他の多くの業界の中でも財政的に大きな影響を受けている。2020年にイベントの完全なポートフォリオがなければ、ITTFにも影響を及ぼすことは避けられない。下半期の結果は、ITTFの財政全体にも影響を与え、今後の歩みを決定することになる。

私はその出発点として、ITTFスタッフ全員と理事長が、今年度の給与・謝礼の削減に合意したことを誇りに思っている。2020年にはどのような状況であっても、通常の活動、契約、人材のさらなる削減は絶対に避けられない。厳しい犠牲は必要だが、ITTFがこの困難な時期を乗り切れるようにしていきたいと思う。

4、会員同士の積極的な交流を促進するための支援
中国が最初に危機に見舞われたとき、私たちはCTTAと協力して、カタールでの合宿を企画・実施し、武漢にフェイスマスクなどの必要な医療機器を調達して供給することで、解決策を見つけようと努力した。ウィルスが世界的な感染症となった今、私たちは近々、この危機の影響を受けたすべてのステークホルダーを支援するための募金活動を立ち上げようとしている。

A、国際大会の大幅な改善策を確実にすること
ITTFはこの2年間でWTT:ワールドテーブルテニスを立ち上げることができた。そのイベント、運営方法、プレゼンテーションの方法、そしてビジネス全体がどのように機能するかという変革は、COVID-19のパンデミックが始まる前から発表されていた。

危機の後、これはまさに私たちのスポーツ界が必要としていることで、間違いなくこれ以上のタイミングはなかった。これを小さな革命と見る人もいるだろうし、適応するには時間がかかるだろうが、これこそがスポーツが前進し、この困難な時代を乗り越えるために必要なものだ。

私たちは、業界の専門家を仲間にし、製品を変革するために必要な投資を行い、スポーツと会社の価値に純粋に焦点を当てた、ビジネス志向で管理された国際的なイベントプラットフォームから利益を得ることができる。市場が求めるのは "新鮮さ "で、これにより会員のための連盟としてのITTFと、スポーツを商業化することを目的とする企業としてのITTFとの間の線引きをより正確に行うことができるようになる。

B、競技者とファンをスポーツの中心に据えること
内部政治と古い構造は、スポーツの真の受益者である競技者とファンが忘れ去られ、見過ごされていることを意味する。私たちは競技者とファンの重要性を真に認識し、彼らが十分に扱われる必要があり、彼らが国際的に有名になり、ショーの真のスターになってほしいという私たちの願いを理解する新しい構造を必要としている。競技者を中心とした組織を完全に見直す時が来た。
これは、ITTF と WTT の役割について、より明確に定義されたアプローチを通じて WTT が行うことができる。国内競技団体は、オリンピック・パラリンピックと同様にチーム競技に焦点を当てるべきであり、一方、競技者は個人競技の運命をコントロールできるようにすべきである。これにより会員及び競技者のためのより良い焦点が確保されると同時に、ファンが見るべきより明確な物語が提供されることになる。

C、世界選手権、オリンピック、パラリンピック競技大会のプラットフォームが会員協会を強化し、会員協会がそれぞれの地域での卓球の発展に集中できるよう支援する
現在、毎年世界選手権を開催しているが、将来的には世界選手権は団体戦のみを開催した方が良いのではないかと考える時期に来ていると思う。この方法であれば、それぞれの線引きがより明確になると思う。世界選手権の団体戦とオリンピックは、チーム戦を中心とした大会で連盟の責任の下に残り、プロのプラットフォームは個人競技の成長に集中することができ、私たちのスポーツは将来の真の卓球スターを追求することができるようになる。

WTTでは年に3~4回の "グランドスマッシュ"が計画されており、このイベントは世界選手権の個人戦と同等かそれ以上のものになるだろう。年に3~4回の "グランドスマッシュ "と世界選手権の個人戦もあるとしたら、予定や市場を混乱させることになる。毎年、国際舞台で開催される3~4回のイベントは、2年に1度の開催よりも、より多くの観客にリーチし、より良いパフォーマンスを発揮することができる。これらのイベントから、私たちは個人での世界チャンピオンを定義することができるだろう。

D、普及と高いパフォーマンスの道のりの再定義
上記の3つのポイントは、連盟の商業的な役割をより明確にしているが、この4つ目のポイントは、ITTFが会員協会とより直接的に連携し、会員協会に合わせた育成活動を通じて会員をサポートすることを可能にしている。私たちは会員団体と協力し、会員団体の領域で持続可能な卓球発展のためのプログラムや道のりを作成するという新しいシステムを構築すべきだと思う。
また、異なる市場に投資して、新しい卓球スターの台頭を保証する新しいシステムの導入を実現することで商業的な活動を行う。卓球は世界的なスポーツであると本当に言い始めるためには、世界各地の素晴らしい卓球選手が必要。連盟の役割をより明確にすることは、それを達成するのに役立つ。
これは上記の詳細な計画を確実に実現し、危機後の私たちを導く強固で近代的なガバナンスのプラットフォームを確保するために、ITTFハンドブックと会則の近代化へ必要な大きな一歩を踏み出すチャンスでもある。

結論として、今年は非常に厳しい年ではあるが、この危機を乗り越えこれまで以上に良い状態になるだろう、という励ましのメッセージとして伝えたいと思った。パンデミックが終わったときには、商業施設をフルに活用できるようなプラットフォームやイベントを構築しており、これらの欠陥をどのように修正していくか、また、現代に適した組織構造への大規模な変更を行うことができるか、常に挑戦していく。

ウィンストン・チャーチルがかつて「良い危機を無駄にしてはならない」と言ったように、今は私たち全員にとって大変な時期ではあるが、私たちは現在の状況を鑑みて、この瞬間を可能な限りポジティブなものにしていきたい。

もれなくソックスをプレゼント!TSPウェアキャンペーン VICTAS公式LINE限定カレンダー壁紙限定配信のお知らせ 【My VICTAS】キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元

Newsletter