2019-2020シーズン ヨーロッパチャンピオンリーグ グループステージ最終戦で曽根翔(愛工大名電)が初出場初勝利でチームの勝利に貢献/ VICTAS journal | VICTAS卓球用品メーカー

カート

  卓球総合メーカー「 VICTAS (ヴィクタス)」は創業90周年を迎えました 
詳細はこちら

VICTAS Journal

2019-2020シーズン ヨーロッパチャンピオンリーグ グループステージ最終戦で曽根翔(愛工大名電)が初出場初勝利でチームの勝利に貢献

2019-2020シーズン ヨーロッパチャンピオンリーグのグループステージ最終戦が行われ、オレンブルグ(ロシア)やボルシア・デュッセルドルフ(ドイツ)の強豪らをはじめ、各グループ1,2位のチームが準々決勝に進出を決めた。
ザールブリュッケン(ドイツ)に所属する曽根翔(愛工大名電)は最終戦で初出場。トップでストレート勝ちを収め、チームの勝利に見事貢献した。

【各グループ上位2チーム】

グループA
1位 オレンブルグ(ロシア)
2位 ミュールハウゼン(ドイツ)

グループB
1位 UMMC(ロシア)
2位 ロスキレ(デンマーク)


グループC
1位 ザールブリュッケン(ドイツ)
2位 ボゴリア(ポーランド)


グループD
1位 ボルシア・デュッセルドルフ(ドイツ)
2位 エヌボン(フランス)


※写真は2019インターハイ時

90周年特設ページ
 カラーラバー EZCUSTOM
Newsletter