JA 全農チームワールドカップ東京 中国の壁厚く準決勝敗退/ VICTAS journal | VICTAS卓球用品メーカー

カート

VICTAS Journal

JA 全農チームワールドカップ東京 中国の壁厚く準決勝敗退

JA全農ITTF卓球ワールドカップ団体戦2019TOKYOが2019年11月6日~10日までの5日間、東京体育館にて開催。

準々決勝でドイツに対し、劇的な勝利を飾った日本は準決勝で中国と対戦。
土曜日ということもあり、会場は3階席まで埋め尽くされた状態。大きな声援を受け、中国へ挑戦した。

準決勝
日本 0-3 中国
1. 丹羽孝希/吉村真晴 0(-6,-6,-6)3 許昕/梁靖崑

大観衆に見守られる中スタートした準決勝は中国ペアの強さが際立つ試合に。
日本ペアの連続攻撃を中陣から跳ね返し、大きなラリーだけでなく台上でも多彩な技や強烈な台上バックドライブで得点を奪う。

日本ペアも強打できないときは、低くてしっかりコースを突いたドライブを見せるも許昕はすべてノーミスでカウンター。許昕からすれば、どれだけ厳しい球が来ても万全の態勢を作りさえすればすべてチャンスボールなのかもしれない。

日本ペアのプレーも決して悪くはなかったが中国ペアがねじ伏せ、中国が先制。




2. 張本智和 0(-7,-4,-11)3 樊振東

何としても流れを取り戻したい日本は張本が登場。
準々決勝のドイツ戦ではオフチャロフ、フランチスカを連破しており、コンディションはかなり上がってきている様子。
樊振東に対し、パワーがついてきたフォアハンドは大きな打ち合いでも全く引けを取らず、
バック対バックでは速射砲のような連打で次々と得点を奪う。

だが、結果的にはストレートでの敗戦。「得点」の数は両者ともに互角であったが、攻撃の中で張本にいくつかミスが出てしまい。「失点」の数がそのままスコアとして現れる結果となった。

また、崩された状態から打つボールの質、安定感という面では樊振東の方が上回っていたか。

しかし、張本も攻めに行った時の圧倒的な攻撃力、非凡なタッチでのブロックやカウンター技術を見せ、中国選手との距離もそう遠くないことを感じさせた。



 
3. 吉村真晴 1(-9,-5,6,-1)3 許昕

0-2と追い込まれた日本は吉村が登場。
サウスポーの許昕に対し、ボル戦で見せたようなフォアサイドへの厳しい攻撃を展開し、得点を重ねる。しかし次第に、許昕はボルを抜き去っていた吉村のエースボールを返球し、ボルがブロックしていたつなぎの球に対してはカウンターを打ち込んでくる。また、アップダウンサービスも少しでも台から出ようものなら見逃さずに攻め込んでくる。

もっと強く打たないと得点にならない、少しでも甘くなると打たれるというプレッシャーが吉村のプレーの精度を下げさせたか。
第3ゲームこそ奪ったものの1-3で敗戦し、日本は準決勝敗退となった。




中国に敗れ、今大会を3位で終えた日本。
東京オリンピックの前哨戦とうたわれた今大会。水谷隼が腰痛で欠場となるアクシデントや初戦でイングランドに敗れるスタートとなりながらも、準々決勝では強豪ドイツを破り、銅メダルを獲得したことは明るい材料。

しかしながら、オリンピックでは今大会予選リーグ敗退に終わったスウェーデンには世界選手権準優勝のファルクや期待の若手モーレゴード、ベスト8のブラジルには世界ランキング6位のカルデラノが加わることが予想される。

負けたら終わりのオリンピックの団体戦ではライバル国との戦いはこのチームワールドカップよりもさらに過酷になるに違いない。来年の東京オリンピックの舞台で日本中を熱狂させ、次々と強豪国を打ち倒す代表選手の姿を期待したい。


もうひとつの準決勝は韓国と台湾の対戦。

韓国3-0台湾
1. 李尚洙/鄭栄植 3(-4,-11,7,7,9)2 陳建安/廖振珽

1番のダブルスは序盤、陳建安のフォアハンドが火を噴く。会場がどよめくような素晴らしいカウンターを何本も決め、台湾ペアが2-0とリードする。
しかし、第3ゲーム以降は韓国ペアがストップを多用し、台湾ペアの強打を封じ込め逆転勝利で韓国に先制点をもたらした。




2. 張禹珍 3(9,-5,13,8)1 林昀儒

エース対決となった2番の張禹珍と林昀儒の試合はサービス合戦となる。
林昀儒が切れ味鋭いサービスで得点を奪えば、張禹珍もうまくロングサービスを使い、林昀儒の得意のチキータを封じる。

勝負を分けたのは第3ゲーム。
林昀儒が10-8とリードするも、張禹珍はバックへのロングサービスとフォア前へのYGサービスで得点、11-10と再び林昀儒がゲームポイントを握ったところで台湾ベンチがタイムアウト。林昀儒としてはここで決めたかったが、タイム明け、張禹珍のYGのロングサービスに逆を突かれ失点。このゲームを制した張禹珍が一気に第4ゲームも奪い、韓国に貴重な勝利をもたらした。




3. 鄭栄植 3(2,7,9)0 廖振珽

続く3番では鄭栄植が廖振珽に対し、隙のないプレーで圧倒。廖振珽も随所に好プレーを見せたが、鄭栄植は打ち崩すことはできず。




韓国はストレート勝ちでの決勝進出となった。

決勝
中国 - 韓国


【JA全農チームワールドカップ 東京大会に関する記事】

前日記者会見

男子初戦敗れる

女子初戦完勝

日本男子グループリーグ1勝1敗

女子グループリーグ1位通過

男子準々決勝ドロー

女子準々決勝ドロー

日本、ドイツを撃破!団体戦のセオリーを覆す驚異の勢い。

男子4強出揃う!

ルーマニアをストレートで下し、準決勝へ進出!

苦しみながらも韓国を下し、決勝進出!

まだまだ続く中国の時代 韓国との激戦を制し、中国が8連覇を達成

高く立ちはだかる中国の壁 日本は中国に敗れ準優勝

CP40+トレーニングボール10ダース入箱 まとめてオトクキャンペーン VICTAS公式LINE限定カレンダー壁紙限定配信のお知らせ 【My VICTAS】キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元

Newsletter