JA 全農チームワールドカップ東京 苦しみながらも韓国を下し、決勝進出!/ VICTAS journal | VICTAS卓球用品メーカー

カート

VICTAS Journal

JA 全農チームワールドカップ東京 苦しみながらも韓国を下し、決勝進出!

JA全農ITTF卓球ワールドカップ団体戦2019TOKYOが2019年11月6日~10日までの5日間、東京体育館にて開催。

日本は準決勝で韓国と対戦。
韓国はここまで出場していた徐孝元や梁夏銀を下げ、申裕斌と崔孝珠を日本戦で起用した。

日本 3-1 韓国

1. 石川佳純/平野美宇 1(-7,-8,7,-10)3 田志希/申裕斌

1番のダブルスは韓国ペアに押される展開。日本ペアはつなぎのボールを田志希に狙われ、次々と強打を浴びる。相手に攻め込まれたことで自分たちの攻撃にも迷いが出てしまい、ミスを連発。日本ペアは最後まで思うようなプレーが出来ず、韓国が先制。




2. 伊藤美誠 3(-8,3,-10,3,6)2 崔孝珠

ダブルスを落とし、何としても取りたい2番にエースの伊藤が登場。
流れを引き寄せたいところだったが、崔孝珠の巻き込みサービスと威力あるフォアハンドに押され、なかなかペースを掴めない。大差でゲームを奪うが、競ったゲームを落とす展開となり、勝負は最終ゲームへ。

最終ゲーム、伊藤は一段階ギアが上がったかのような研ぎ澄まされたプレーで次々得点を奪い、一気に引き離し勝利。1-1のタイに戻した。




3. 平野美宇 3(2,5,9)0 田志希

1-1で回ってきた3番で平野が圧巻のプレーを見せる。
長く返ってきたボールに対しては、両サイドへ一撃で抜き去るドライブ。さらにレシーブから一撃のフリックで仕留める超攻撃的なプレーはまさにハリケーン。嵐のような攻撃で田志希を最後まで圧倒した平野が勝利。
日本が2-1と決勝進出に王手をかけた。




4.伊藤美誠 3(-8,7,10,9)1 申裕斌

勝てば日本の勝利が決まるこの状況で再び伊藤が登場。
伊藤が実力の差を見せつけるかと思いきや申裕斌も素晴らしいプレーで対抗。
伸びのあるバックハンドで攻め込み、ラリーで伊藤が変化をつけてもしっかり対応。一進一退の攻防となる。

勝敗を分けたのは、重要な場面での伊藤の勝負強さだった。
特に1-1の第3ゲーム9-10とリードされた状況でここまで一本も見せていなかった逆チキータでレシーブエース、第4ゲームの6-7で相手のロングサービスを回り込んで狙い打ちレシーブエース。どちらのゲームもそこから連続得点を奪い勝ち切った。




苦しい試合となったがエースの伊藤が2得点を挙げ、平野もパーフェクトといえる試合内容で韓国を下し、決勝進出を決めた。


中国と台湾の試合は苦しみながらも中国がストレートで勝利。

中国3-0台湾

1. 丁寧/劉詩雯 3(2,9,9)0 鄭先知/陳思羽

1番のダブルスは中国ペアが実力を見せつけ、ストレートで勝利するも、2番以降は接戦に。


2. 陳夢 3(-10,9,8,8)1 鄭怡静

鄭怡静は陳夢に対し、バック対バックのラリーで優位に試合を進め、時折見せるストレートへのバックハンドもよく決まっていた。しかし、それでも陳夢は崩れず、各ゲーム競り合いになるものの安定したプレーで接戦を制した。




3. 丁寧 3(3,-12,10,4)1 陳思羽

丁寧は陳思羽に対し第1ゲームを大差で奪い、楽に試合を進めるかと思われたが、第2ゲームで腰を痛めるアクシデント。第2ゲームの終盤以降はなかなかフルスイングできず、長いラリーが多くなる。陳思羽もラリー戦で強さをみせ、全くの互角の展開。

丁寧は痛そうな表情を見せながらも最後まで気力で戦い抜き、何とか勝利。中国の決勝進出を決めた。






決勝は日本と中国の対戦に決定!
東京オリンピックが行われる舞台で中国相手にどのような戦いを見せるか。


【JA全農チームワールドカップ 東京大会に関する記事】

前日記者会見

男子初戦敗れる

女子初戦完勝

日本男子グループリーグ1勝1敗

女子グループリーグ1位通過

男子準々決勝ドロー

女子準々決勝ドロー

日本、ドイツを撃破!団体戦のセオリーを覆す驚異の勢い。

男子4強出揃う!

ルーマニアをストレートで下し、準決勝へ進出!

中国の壁厚く準決勝敗退

まだまだ続く中国の時代 韓国との激戦を制し、中国が8連覇を達成

高く立ちはだかる中国の壁 日本は中国に敗れ準優勝

もれなくソックスをプレゼント!TSPウェアキャンペーン VICTAS公式LINE限定カレンダー壁紙限定配信のお知らせ 【My VICTAS】キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元

Newsletter