JA 全農チームワールドカップ東京 ルーマニアをストレートで下し、準決勝へ進出!/ VICTAS journal | VICTAS卓球用品メーカー

カート
  • オリジナルウェア制作サービス「VICTAS EZCUSTOM」を開始 詳細はこちら

VICTAS Journal

JA 全農チームワールドカップ東京 ルーマニアをストレートで下し、準決勝へ進出!

JA全農ITTF卓球ワールドカップ団体戦2019TOKYOが2019年11月6日~10日までの5日間、東京体育館にて開催。

日本女子の準々決勝はルーマニアとの対戦となった。

■結果/準々決勝(日本)
日本 3-0 ルーマニア

1.石川佳純/平野美宇 3(-7,11,5,5)1ドデアン/サマラ

1番のダブルスは序盤、ルーマニアペアのパワーあるドライブに押し込まれる展開。サマラのフォアハンドとドデアンのバックハンドが面白いように決まり、日本ペアはなかなか流れを掴めない。しかし、第2ゲームの終盤からはサービス、レシーブなどの細かい台上プレーで相手に思うように打たせず、見事逆転勝利。






2.伊藤美誠 3(10,7,6)0スッチ

2番の伊藤はスッチに対し、第1ゲームこそ競ったものの、変化の鋭いサービスや多彩なレシーブ技術を見せつけストレートで勝利した。




3.石川佳純 3(8,-11,6,-10,6)2ドデアン

3番の石川はドデアンと対戦。
石川は打球点の高い攻撃で得点を重ねるも、ドデアンの長い手足から繰り出される威力あるドライブに苦しめられ一進一退の攻防になる。第2,4ゲーム目はデュースとなるもドデアンが制し、勝負は最終ゲームへ。

最終ゲームは2-0とドデアンがリードするも、そこから石川が集中力の高いプレーを見せ、ドデアンのミスを誘う。途中、スーパーカウンターも炸裂し、石川が勝利。日本の準決勝進出を決めた。




明日の準決勝では韓国と対戦する。

・準決勝の組み合わせ
中国 - 台湾
日本 - 韓国


【JA全農チームワールドカップ 東京大会に関する記事】

前日記者会見

男子初戦敗れる

女子初戦完勝

日本男子グループリーグ1勝1敗

女子グループリーグ1位通過

男子準々決勝ドロー

女子準々決勝ドロー

日本、ドイツを撃破!団体戦のセオリーを覆す驚異の勢い。

男子4強出揃う!

中国の壁厚く準決勝敗退

苦しみながらも韓国を下し、決勝進出!

まだまだ続く中国の時代 韓国との激戦を制し、中国が8連覇を達成

高く立ちはだかる中国の壁 日本は中国に敗れ準優勝

NIWA KOKI マフラータオル VICTAS 丹羽孝希 VICTAS EZ CUSTOM 卓球 イージーカスタム ウェア シャツ パンツ オリジナルウェア もれなくソックスをプレゼント!TSPウェアキャンペーン

Newsletter