JA 全農チームワールドカップ東京 女子グループリーグ1位通過/ VICTAS journal | VICTAS卓球用品メーカー

カート

VICTAS Journal

JA 全農チームワールドカップ東京 女子グループリーグ1位通過

JA全農ITTF卓球ワールドカップ団体戦2019TOKYOが2019年11月6日~10日までの5日間、東京体育館にて開催。

日本女子の2戦目、ダブルスは初戦と変わらず石川佳純/平野美宇が快勝した。続く伊藤も石川も接戦のゲームはあるものの安定した試合運びでしっかりと勝利した。1位通過を決め、明後日の準々決勝進出を決めた。






■結果/グループリーグ(日本)

日本 3-0 アメリカ合衆国
1.石川佳純/平野美宇 3(4,5,7)0ワン・エイミー/チャン・リリー
2.伊藤美誠 3(10,7,6)0ウー・ユエ
3.石川佳純 3(5,-11,3,9)1チャン・リリー

■日本チームインタビュー

馬場監督
今回のダブルスのペアは強くなってもらいたいっていうのもありますし、どのような戦い方をするのか、その2点をみながら頑張らせているところです。ダブルスの石川/平野そして伊藤も試合をして大会に慣れてきて、決勝トーナメントでもっともっといいプレーが出来るように準備してもらいたいと思っています。
ダブルスはリズムとか2人のコンビネーションをもっとよくしていけるように、片方が攻めてチャンスボールとなるときにたたみかけるように、そういうダブルスのプレースタイルになるようにさせていただいています。


石川佳純
ダブルスを2回やって、内容は1回目より2回目の方がよかったし、練習でしてきたことが試合でできると自分たちも進歩を感じられてうれしいです。ダブルスの練習は、大会1週間前にほぼ毎日してきましたし、失点してしまった時に次ぎすぐに変えられることができたりとか、連携でのプレーが前よりできるようになりました。

伊藤美誠
3-0で勝つことが1番大事だと思っているので、まずは勝つことができてよかったです。まだまだサーブミスがでたりとか、ラリー戦は良いので、やっぱりサーブからで、サーブが良いと3球目も打ちやすいですし、サーブレシーブをもっと磨いていきたいと思います。今日2試合できてよかったなと思います。気持ちの状態は良いと思っているので明後日も落ち着いていきたいです。もっともっと自分の実力を出し切るっていうふうな強い想いをもって、勝つことを1番にやっていきたいです。


平野美宇
今日2試合戦って、ダブルスも2試合やってどんどんよくなっていって、シングルスも思ったよりも調子が良かったので全体的に良かったなと思います。ダブルスはリードされていても大丈夫という安心感があるので、自信をもって戦うことができています。

■結果/グループリーグ(すべて)

〇Aグループ
中国 3-0エジプト
中国 3–0 ウクライナ
ウクライナ – エジプト

〇Bグループ
日本 3–0 オーストリア
日本 3–0 アメリカ合衆国
アメリカ合衆国 – オーストリア

〇Cグループ
チャイニーズタイペイ 3–0 バヌアツ
チャイニーズタイペイ 3–1 ルーマニア
ルーマニア – バヌアツ

〇Dグループ
中国香港 3–0 ブラジル
中国香港 0–3 韓国
韓国 – ブラジル

【JA全農チームワールドカップ 東京大会に関する記事】

前日記者会見

男子初戦敗れる

女子初戦完勝

日本男子グループリーグ1勝1敗

男子準々決勝ドロー

女子準々決勝ドロー

日本、ドイツを撃破!団体戦のセオリーを覆す驚異の勢い。

男子4強出揃う!

ルーマニアをストレートで下し、準決勝へ進出!

中国の壁厚く準決勝敗退

苦しみながらも韓国を下し、決勝進出!

まだまだ続く中国の時代 韓国との激戦を制し、中国が8連覇を達成

高く立ちはだかる中国の壁 日本は中国に敗れ準優勝

CP40+トレーニングボール10ダース入箱 まとめてオトクキャンペーン VICTAS公式LINE限定カレンダー壁紙限定配信のお知らせ 【My VICTAS】キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元

Newsletter