JA 全農チームワールドカップ東京 女子初戦完勝/ VICTAS journal | VICTAS卓球用品メーカー

カート

VICTAS Journal

JA 全農チームワールドカップ東京 女子初戦完勝

JA全農ITTF卓球ワールドカップ団体戦2019TOKYOが2019年11月6日~10日までの5日間、東京体育館にて開催。

前回2018年2月に行われた同大会、石川佳純の単2点、伊藤美誠と早田ひなの単複2点、を中心に戦った。準決勝までは完勝し堂々の準優勝という結果だった。

今大会は、2020東京五輪を見据えた団体戦でもあるがゆえに、馬場監督は1番の試合の流れをつくるダブルスのペアリングはそれを前提に考えているだろう。そして破らないといけない壁である中国との戦い方も踏まえてのオーダーにも注目が集まる。



そして大会初日の試合が行われた。
日本はBグループ、初戦はオーストリアと対戦。

オーダーは、石川佳純/平野美宇のダブルスに、シングルス2点は伊藤美誠を起用。

世界ランキング日本人トップ3(7位:伊藤、8位石川、10位:平野)と布陣のオーダー。圧倒的な強さをみせ、オール3-0の完勝で、幸先の良いスタートを切った日本。







■結果/グループリーグ(日本)

日本 3-0 オーストリア
1.石川佳純/平野美宇 3(78,7,7)0 ソルヤ・アメリア/ミシェク・キャロライン
2.伊藤美誠 3(5,5,7)0 リュウ・ジャー
3.平野美宇 3(4,5,2)0 ミシェク・キャロライン

■日本チームインタビュー

馬場監督
まずこの体育館になれることと、勝ち上がっていったときにベストな状態なるように、と考えてこのオーダーにしました。選手は(今までの)全日本やジャパンオープンで戦っているので慣れてはいると思いますが、大きな大会の台や飛び(弾み)も違ったりするのでその部分ではやく慣れられればと思います。


石川佳純
今日の初戦はみんな大事で、よいスタートが切れたと思います。1番ダブルスの団体戦は自分自身あまり慣れていなかったので少し緊張したんですけど良いプレーが出来てよかったです。

伊藤美誠
私自身もやっと団体戦の試合ができたという嬉しさと、シングルス3番に出させてもらってよい試合ができたので、次の試合も自分たちらしく頑張りたいと思います。

平野美宇
チームワールドカップで1番最初の試合で、1番と3番両方出させてもらうのが初めてだったので緊張したんですけど、3-0で勝つことができてよかったです。

佐藤瞳
ベンチで見ていて、落ち着いて試合をしていて安心して応援することができました。


■結果/グループリーグ(すべて)

〇Aグループ
中国 3-0エジプト
中国 – ウクライナ
ウクライナ – エジプト

〇Bグループ
日本 3–0 オーストリア
日本 – アメリカ合衆国
アメリカ合衆国 – オーストリア

〇Cグループ
チャイニーズタイペイ 3–0 バヌアツ
チャイニーズタイペイ – ルーマニア
ルーマニア – バヌアツ

〇Dグループ
中国香港 3–0 ブラジル
中国香港 – 韓国
韓国 – ブラジル


【JA全農チームワールドカップ 東京大会に関する記事】

前日記者会見

男子初戦敗れる

日本男子グループリーグ1勝1敗

女子グループリーグ1位通過

男子準々決勝ドロー

女子準々決勝ドロー

日本、ドイツを撃破!団体戦のセオリーを覆す驚異の勢い。

男子4強出揃う!

ルーマニアをストレートで下し、準決勝へ進出!

中国の壁厚く準決勝敗退

苦しみながらも韓国を下し、決勝進出!

まだまだ続く中国の時代 韓国との激戦を制し、中国が8連覇を達成

高く立ちはだかる中国の壁 日本は中国に敗れ準優勝

CP40+トレーニングボール10ダース入箱 まとめてオトクキャンペーン VICTAS公式LINE限定カレンダー壁紙限定配信のお知らせ 【My VICTAS】キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元

Newsletter