女子シングルスは孫穎莎が劉詩雯を下し優勝! World Report:Journal/ インフォメーション | VICTAS卓球用品

カート

VICTAS Journal

女子シングルスは孫穎莎が劉詩雯を下し優勝!

女子シングルス決勝が行われ、孫穎莎が劉詩雯をフルゲームの末に破り、ダブルス決勝でのリベンジを果たした。

孫穎莎 4(4,9,-4,-6,-7,8,3)3 劉詩雯
卓球 ジャパンオープン 札幌大会 孫穎莎 劉詩雯  VICTAS  女子シングルス 決勝

卓球 ジャパンオープン 札幌大会 孫穎莎 劉詩雯  VICTAS  女子シングルス 決勝
序盤は孫穎莎がパワーで圧倒、劉詩雯はピッチの速さで対抗するも孫穎莎にミスが出ず、甘くつないでしまったところをパワードライブで打ち抜かれる。

第1ゲームを孫穎莎が取り、第2ゲームも孫穎莎が9-5とリード。この場面で劉詩雯は今まで見せなかった三球目での回り込みドライブで一発で打ち抜く。そこから10-9まで追い上げたがこのゲームを落とし、孫穎莎が2-0とリードする。

第3ゲーム、流れを変えたい劉詩雯は回り込んでの攻撃を増やす。それでも孫穎莎が崩れず、なかなか得点できないでいると、すぐさま戦術を変え、ミドルを厳しく攻め、甘く返ってきたボールをフォアサイドに早い打点で送り、孫穎莎に強打を打たせない。高い打点でのフォアカウンターも炸裂しこのゲームを奪う。

続く第4ゲームも劉詩雯が取り、2-2で迎えた大事な5ゲーム目、序盤から点差が離れない展開で進んだが、終盤、劉詩雯は孫穎莎がミドルにつないできたボールを両サイドに厳しく攻め、7-7から一気に4連続ポイントで3-2と逆転する。

これで劉詩雯に流れが傾くかと思われたが、それまで苦戦していたミドルのボールにきっちり対応した孫穎莎が、再び強打で劉詩雯を打ち抜きゲームオールに持ち込む。

最終ゲームは孫穎莎が出だしから猛攻をしかけ、一気に点数を離す。最後は強烈なフォアカウンターを炸裂させ優勝を決めた。

今大会予選からの出場となった孫穎莎だが、決勝トーナメントに入り、徐孝元(韓国)、石川佳純、王曼昱(中国)にストレート勝ち、準決勝では陳夢(中国)に4-1、そして決勝では先日世界チャンピオンに輝いた劉詩雯に2-3と追い込まれながらも、うまく立て直し優勝を決めた。

世界ランクトップ10の選手に対して圧倒的なパワーで打ち抜き、決勝では対応能力の高さも見せた孫穎莎。
中国の次世代エースが改めてポテンシャルの高さを見せつけた。

07SERIES VJ>07 VJC>07  卓球をもっと面白く WEB会員サービスMY VICTAS LINE公式アカウント VICTAS お知らせ

Newsletter