【世界卓球(卓球世界選手権)2019】馬龍、伝説の球人・荘則棟以来の男子シングルス3連覇。/ VICTAS journal | VICTAS卓球用品メーカー

カート

VICTAS Journal

【世界卓球(卓球世界選手権)2019】馬龍、伝説の球人・荘則棟以来の男子シングルス3連覇。

●男子シングルス決勝
馬龍(中国) 5、7、−7、9、5 ファルク(スウェーデン)

男子シングルスは馬龍が3連覇を達成!
1ゲーム目からファルクのサービスを見極め、短いサービスはピタリとストップ、ロングサービスは回り込んで確実に狙い打つ馬龍。ファルクもバックサービスを使って展開の打破を試みるが、馬龍のフォア前は決して崩れず、馬龍が2ゲームを連取する。
3ゲーム目、ファルクは台上の展開では勝負できないと、ロングサービスとレシーブでの長いツッツキから思い切ってカウンターを狙う。フォアの強烈なスマッシュが次々に決まり、11−7でファルクが1ゲームを取り返す。

4ゲーム目も5−2から9−7までファルクがリードを保つが、9−8となってファルクがタイムアウト。しかし、馬龍はストップからパワードライブを決めて3点を連取し、11−9と逆転してゲームカウント3−1と勝利に王手をかける。5ゲーム目も4ー4から、馬龍がバックのナックル性のクセ球、ストップ対ストップからミスを誘うなど、リードを広げて10ー5でマッチポイント。最後もフォアクロスへのループドライブでカウンターのミスを誘う、渋い締めくくりで勝利を決めた。

男子シングルス3連覇は1961・63・65年大会優勝の荘則棟以来。馬龍は中国の国民的英雄と言われた、伝説の球人に肩を並べた。上写真は馬龍の勝利の瞬間、下写真は馬龍(上)とファルク(下)。

CP40+トレーニングボール10ダース入箱 まとめてオトクキャンペーン VICTAS公式LINE限定カレンダー壁紙限定配信のお知らせ 【My VICTAS】キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元

Newsletter