準々決勝後の丹羽孝希「中国選手と接戦をしていけば必ずチャンスは来る」 World Report:Journal/ インフォメーション | VICTAS卓球用品

カート

VICTAS Journal

準々決勝後の丹羽孝希「中国選手と接戦をしていけば必ずチャンスは来る」

 男子シングルス準々決勝、梁靖崑に3−4で惜敗した丹羽孝希は、ミックスゾーンで取材に応じた。以下は丹羽のコメント。

「すごく悔しいですね。3−3になった時にはぼくに流れが来ていた。でも、そこでメダルを意識してしまった。日本が40年間メダルを獲っていなかったそのプレッシャーがかかってきた。それで0−5になってしまったけど、1−3からのゲームの時みたいに無心にプレーしていれば……。会場全体がぼくの味方になってくれたので、この中で1本でも長くプレーしたかった思いから、粘り強くプレーできたと思います。

 今まで、団体とダブルスでは日本はメダルを獲っていたけど、シングルスでは40年間獲れていなかったので、1−3から3−3になったところで、ぼく自身が動揺した。(7ゲーム目の)0−0から3本連続ブロックされて、あのブロック力はすごい。チームのみんなが応援してくれていたし、チームジャパンとして40年ぶりのメダルを獲りたかった。
 
 楽しかったけど、最後は緊張した。この緊張感をまた味わいたいし、2年後にリベンジしたい。これからのワールドツアーも大事で、10大会くらい出ますけど、そこで上位に入り、(東京五輪の)シングルスの2枠に入りたい。中国選手とこういう接戦をしていけば必ずチャンスは来ると思います。今回、1−3から3−3にしたことは次につながります」(丹羽)

 「東京五輪でシングルスの2枠に入りたい」と、はっきりと2020年への抱負を語った丹羽。これまで「クール」と言われてきた試合態度に、静かな、そして力強いガッツポーズが加わり、最後まで決して試合をあきらめなくなった。丹羽孝希はテクニックだけでなく、そのスピリッツ(魂)でもブダペストの観客を大いに魅了していた。

07SERIES VJ>07 VJC>07  卓球をもっと面白く WEB会員サービスMY VICTAS LINE公式アカウント VICTAS お知らせ

Newsletter