丹羽孝希、スーパープレー連発するも梁靖崑に3−4。メダルならず World Report:Journal/ インフォメーション | VICTAS卓球用品

カート

VICTAS Journal

丹羽孝希、スーパープレー連発するも梁靖崑に3−4。メダルならず

●男子シングルス準々決勝
馬龍(中国) 8、9、8、4 林高遠(中国)
梁靖崑(中国) 10、−10、8、4、−9、−7、5 丹羽孝希

日本男子チーム最後の希望、男子シングルス準々決勝に臨んだ丹羽孝希は、梁靖崑に3−4で惜敗……!

序盤は梁靖崑の重いバックドライブと、フォアの連続ドライブに苦しんだ丹羽。2ゲーム目を6−10から12−10と大逆転で取り、会場の応援を味方につけたが、なかなか勝機を見いだせないまま1−3と追い込まれる。


しかし、今大会の丹羽はあきらめない。5ゲーム目の3−7、あと4点で敗れるという絶体絶命のピンチから、ブッツリ切れたバックの横下回転ショート、そしてフォアの連続ドライブで11−9と大逆転。6ゲーム目も「コーキ!コーキ!」の大合唱が沸き起こる中、無心で両ハンドドライブを打ち続け、ついに3−3へ追いつく。

完全に流れは丹羽に傾いていた。しかし、7ゲーム目の出足、まさかの0−5。3−7の場面ではネットインを食らい、3−8。たとえ守りに入っても、一定以上のレベルでプレーできるのが中国代表たる所以か。最後は5−10で、梁靖崑のバックハンドがエッジをかすめて入り、勝負は決した。

男子シングルスで日本勢40年ぶりのメダル獲得はならなかったとはいえ、会場を魅了したファンタジスタ・丹羽孝希。
最後まで素晴らしいプレーをありがとう!!

卓球をもっと面白く WEB会員サービスMY VICTAS LINE@ LINE始めました VICTAS お知らせ VICTAS Advisory 契約選手 卓球

アウトレット 07SERIES VJ>07 VJC>07  TSP2019チームウェアキャンペーン
Newsletter