中国が女子単の4強独占。平野と加藤は敗れる World Report:Journal/ インフォメーション | VICTAS卓球用品

カート

VICTAS Journal

中国が女子単の4強独占。平野と加藤は敗れる

●女子シングルス準々決勝
丁寧(中国) 8、ー4、2、7、9 平野美宇
陳夢(中国) ー9、7、7、ー8、10、4  杜凱琹(香港)
劉詩ウェン(中国) 9、ー8、4、6、5 加藤美優
王曼昱(中国) 9、ー10、19、6、ー9、8 孫穎莎(中国)

女子シングルス準々決勝、日本の平野美宇は丁寧、加藤美優は劉詩ウェンという中国のツインエースに敗れ、メダルはならず。
中国女子が外国勢には一度も敗れることなく、ベスト4を独占した。

平野は丁寧に対し、回転をかけるバックハンドの弧線に変化をつけ、単調な速攻にしない工夫が見られた。レシーブから丁寧のフォアを抜くバックドライブを連発して2ゲーム目を奪った平野だが、そこから丁寧がフォアサイドへのハーフロングサービスで平野を揺さぶり、平野を台から離した。

「3大会連続で丁寧選手に負けてしまって、同じ選手に負けて悔しいし、反省を生かせていないと思う。3回目は勝ちたかったです」と試合後に語った平野。「3ゲーム目は自分のミスがあって、そのせいで良いペースが途切れてしまったのが残念。今日の試合は焦ってしまった部分があって、中国選手だとそこで一気に持っていかれる。粘ってくる相手なので、早く決めたいと思ってしまったことがミスにつながってしまった」(平野)。前回大会は中国勢と当たらずに準決勝まで進んだが、今大会での「中国越え」のメダル獲得はならなかった。

加藤は劉詩ウェンと激しい両ハンドの打撃戦を展開。劉詩ウェンの速攻に対し、体勢を崩されても確実に返球を相手コートに運び、相手が打ちあぐむと反撃する粘りのプレーを見せた。それは卓越したボールセンスのなせる業だ。しかし、3ゲーム目以降は劉詩ウェンにうまくフォアやミドルを攻められ、次第に劉詩ウェンの速さに押されて防戦一方になった。
「中盤から終盤に掛けて、相手に主導権を握られていた。ミドルやフォアに振られると、2本までは返せるけど、相手は何回振っても返してくる。今大会、ベスト8には絶対入りたかったので、それは達成できました」(加藤)。

女子シングルス準決勝は、丁寧対劉詩ウェン、王曼昱対陳夢という対戦。王曼昱対陳夢は、どちらが勝っても初の決勝進出だ。上写真は平野、下写真は加藤。

卓球をもっと面白く WEB会員サービスMY VICTAS LINE@ LINE始めました VICTAS お知らせ VICTAS Advisory 契約選手 卓球

アウトレット 07SERIES VJ>07 VJC>07  TSP2019チームウェアキャンペーン
Newsletter