【世界卓球(卓球世界選手権)2019】混合ダブルス3回戦、吉村/石川と森薗/伊藤はベスト8進出/ VICTAS journal | VICTAS卓球用品メーカー

カート
  • 卓球総合メーカー「 VICTAS (ヴィクタス)」は創業90周年を迎えました 詳細はこちら
  • 『創業90周年記念 選手モデルラケット』を発売いたします 詳細はこちら
  • 『V>15 Extra』と『VENTUS シリーズ』に新カラーが登場しました 詳細はこちら

VICTAS Journal

【世界卓球(卓球世界選手権)2019】混合ダブルス3回戦、吉村/石川と森薗/伊藤はベスト8進出

●混合ダブルス3回戦
吉村真晴/石川佳純 ー5、12、ー6、6、8、10 スーディ/ペルゲル(ハンガリー)
森薗政崇/伊藤美誠 7、9、3、6 張禹珍/崔孝珠(韓国)

大会第4日目は混合ダブルス3回戦からスタート、日本の吉村/石川と森薗/伊藤はともに勝利を収め、夜行われる準々決勝へ勝ち上がった。

ハンガリーペアに苦戦した吉村/石川は「ぼくらの得意のパターン、石川さんの攻撃からのぼくの回り込み攻撃、これを最初から封じられていて、なかなかリズムが取れずに足が止まってしまったけど、苦しい展開の中、しっかり途中から戦術を変えたのが良かった」と試合後に語った。森薗/伊藤は、伊藤の変化の激しいサービスから、森薗の3球目攻撃が次々に決まった。

90周年特設ページ
 カラーラバー EZCUSTOM
Newsletter