【世界卓球(卓球世界選手権)2019】男子の大会最年長、52歳のクレシが奮闘/ VICTAS journal | VICTAS卓球用品メーカー

カート
  • 卓球総合メーカー「 VICTAS (ヴィクタス)」は創業90周年を迎えました 詳細はこちら
  • 『創業90周年記念 選手モデルラケット』を発売いたします 詳細はこちら
  • 『V>15 Extra』と『VENTUS シリーズ』に新カラーが登場しました 詳細はこちら

VICTAS Journal

【世界卓球(卓球世界選手権)2019】男子の大会最年長、52歳のクレシが奮闘

 今大会の男子の最年長は、1966年生まれであるパキスタンのクレシ。バックサイドのボールもすべてフォア面の裏ソフトで処理するという、1970〜80年代に活躍したアメリカのシーミラーやボーガンが駆使した打法だ。フォアハンドもラケットをワイパーのように振り抜き、ボールを大きく曲げていく。さすがに若手のバックドライブは受け切れず、予選グループで姿を消した。

 ちなみに女子の最年長は55歳の倪夏蓮(ルクセンブルク)で、彼女が大会最年長。83年世界選手権東京大会で、中国代表として郭躍華と組んで混合ダブルスに優勝した左ペン粒高攻守型だ。こちらはシードで決勝トーナメントからの出場となっており、観客を沸かせるプレーを見せてくれるだろう。

90周年特設ページ
 カラーラバー EZCUSTOM
Newsletter