世界選手権の開催地、21年は米・ヒューストン、22年は中国・成都に決定 World Report:Journal/ インフォメーション | VICTAS卓球用品メーカー

カート

VICTAS Journal

世界選手権の開催地、21年は米・ヒューストン、22年は中国・成都に決定

 本日4月22日、国際卓球連盟のAGM(年次総会)が行われている。その中で2021年の世界選手権個人戦はアメリカのヒューストンで開催され、2022年の団体戦は中国の成都(四川省)で開催されることが決まった。

 2021年の誘致はモロッコ・アガディールとアメリカ・ヒューストンの一騎打ちになった。アメリカでの世界選手権開催ははじめて。今まで、世界選手権の規模が大きすぎて、中国、ドイツ、日本、フランスなどの大きな組織を持っている協会でしか開催できなかったが、規模を縮小し、大陸予選を行うやり方になるためにアメリカは積極的に誘致に動いたと言われている。

 2022年の誘致に関しては、日本の北九州、中国の成都、ポルトガルのリスボンの3都市の争いになったが、成都に決まった。中国での開催は2015年の蘇州以来となる。写真は2018年に成都で行われた女子ワールドカップより(写真提供:ITTF)。

【07CUP】タクティブ町田店で12月21日開催 若宮コーチがやってくる! 【100名様限定】VICTAS 卓球裏ソフトラバー 07シリーズ 指導者モニターキャンペーン(07シリーズ4枚をプレゼント) VICTAS公式LINE限定カレンダー壁紙限定配信のお知らせ

Newsletter