ライオン卓球ジャパンオープン荻村杯 最終日【PICK UP】女子シングルス決勝

2018/06/10
  • 国際大会

ライオン卓球ジャパンオープン荻村杯 最終日【PICK UP】女子シングルス決勝

▼女子シングルス決勝

伊藤がリベンジを果たす!中国人選手2人を破っての劇的優勝!!


伊藤美誠 4<7,10,-8,7,-6,10>2 王曼昱(中国)


 「準決勝の接戦をモノにして気持ち的にリラックスできて良い状態」と話していた通り、伊藤は1ゲーム目から落ち着いたプレーを見せる。レシーブから左右に揺さぶり相手に的を絞らせない。リードされていても焦らず一本ずつ着実に得点を重ね相手を追いつめていく。

2ゲーム目は5-8とリードされた場面でも粘り強く逆転で奪う。3ゲーム目伊藤が7-6リードの所であとがない中国がタイムアウト。2点連取され今度は7-8で伊藤がタイムアウト。両者このゲームが勝負とみて仕掛けてくるが、王に軍配。

その後も一進一退の攻防が続き、疲れの見える王を大きく左右に揺さぶり相手の足の動きを止める伊藤。得意のフォアハンド強打が打てない王は、戦術を変えバックハンドで緩急をつけてくる。それでも伊藤は冷静だった。緩いボールに対して回り込んでのフォアハンドで対応。最後まで集中力を切らさず冷静に試合を組み立てた伊藤が見事な優勝を飾った。




試合後の記者会見では、「王選手とは小さいころからずっと試合をしてきて、その時から雲の上のような存在だった。今回そんな選手に勝ててとても嬉しい」と伊藤は喜びを表した。王は「北九州は、とても過ごしやすく不自由なく過ごすことができた。日本という地がとても好きです。試合は負けてしまったが、伊藤におめでとうと言いたい」と称えた。

また、東京オリンピックについて聞かれた2人は、「お互い日本と中国を背負っていく立場で、これから切磋琢磨しながら、また東京の決勝の舞台で王選手と対戦したい。まだどうなるか分かりませんが、私が頑張って決勝に上がれるようにしたい」と伊藤。それに対し王は、「お互いに進歩してきたのは明らかで、私も中国内のし烈な争いを勝ち抜け東京に向かって頑張りたい。その時に決勝まで頑張りたいし、その相手が伊藤選手なのかどうかは伊藤選手の頑張り次第ですね」と笑いを誘った。


大活躍の伊藤。世界卓球の決勝、劉詩雯(中国)戦で見せた劣勢からの驚異的な粘り強さが今大会でも光っていた。