ライオン卓球ジャパンオープン荻村杯 大会4日目【PICK UP】ダブルス準決勝 国際大会:Journal/ インフォメーション | VICTAS卓球用品

カート

VICTAS Journal

ライオン卓球ジャパンオープン荻村杯 大会4日目【PICK UP】ダブルス準決勝

 昨日試合後に「レシーブからしっかり攻めていければ良い展開になる」と話していた通り、石川がチキータでレシーブエースを取るなどレシーブから積極的に攻めて1ゲーム目を11-6で先取。しかし2ゲーム目は、レシーブを狙われて2-5とリードを許す展開。しかし、そこから8連続ポイントで10-5と逆転すると、最後は吉村のフォアハンド強打で2ゲーム目をもぎ取った。「すぐに修正していけるのが私たちの良い所」という石川の言葉通りの展開となった。決勝は中国ペアと激突する。

男女ダブルスでは、中国ペアの強さが目立った。

女子選手でも台上からチキータで積極的に攻めていく場面が多くみられ、卓球台から下がらず前陣エリアでプレーしていた。

決勝カード

▼男子ダブルス決勝

梁靖崑/周愷(中国) VS 李尚洙/鄭栄植(韓国)

▼女子ダブルス決勝

顧玉婷/木子(中国) VS 劉詩雯/王曼昱(中国)

▼混合ダブルス決勝

吉村真晴/石川佳純 VS 梁靖崑/陳幸同(中国)

▼ダブルス準決勝結果

男子

李尚洙/鄭栄植(韓国) 3-2 何鈞傑/黄鎮廷(香港)

梁靖崑/周愷(中国) 3-0 寥振珽/林昀儒(台湾)

女子

鄭先知/劉馨尹(台湾) 1-3 顧玉婷/木子(中国)

田志希/梁夏銀(韓国) 1-3 劉詩雯/王曼昱(中国)

混合

吉村真晴/石川佳純 3-0 李尚洙/崔孝珠(韓国)

何鈞傑/李皓晴(香港) 1-3  梁靖崑/陳幸同(中国)

Newsletter