フリーハンド Table Tennis Dictionary:Journal/ インフォメーション | VICTAS卓球用品

カート
  • 税込8,000円以上の注文で「CP40+ 3スターボール」を3個プレゼント 詳細はこちら

VICTAS Journal

フリーハンド

フリーハンドは直訳すれば、“自由な手”。
つまり、ラケットを持っていない手のこと。 右ききの人なら左手がフリーハンドで、左ききの人なら右手がフリーハンド

 フリーハンドを使うのはまずサーブのとき。
卓球 VICTASJOURNAL VICTAS ヴィクタス ビクタス フリーハンド サーブ サービス 緒方遼太郎 契約選手
緒方遼太郎(早稲田大学)

現行の日本卓球ルールによると『サーバーは、フリーハンドの手のひらを開き、その上につかむことなく自由に転がる状態でボールをのせ、静止させる。この状態からサーブは開始される。』『ボールが手のひらから離れたら、すぐにフリーアームとフリーハンドをボールとネットとの間の空間の外に出さなければならない。』
『サーブを開始されてから打球されるまでの間、ボールは常にプレーイングサーフェス(台の表面)よりも高い位置で、エンドラインの後方になければならない。またその間、サーバーまたはダブルスのパートナーの体の一部、または着用している物でボールをレシーバーから隠してはならない。』またフリーハンドがコートに触れるとミスとしてカウントされるので注意が必要だ。

さて、プレーのほうで言えば、この自由 フリーハンドは意外に重要。フリーハンドの役目は、まず“バランス機能” 片方の手だけを使う卓球にとって、このフリーハンドは左右のバランスを保 つために大切。

卓球の作は体を中心に回る回転運動が主であるため、うまく回転させるためには、フリーハンドをラケットハンドと対応させないとスムーズにいかない。

そして、フリーハンドの使い方1つで ボールの威力倍増も可能だ。

例えばドライブやスマッシュを強く打つ時にフリーハンドを引いたり、バックプッシュのとき強く後ろに引いたりするのもその例。使い方も“自由”なフリーハンドだがとても重要なのだ。

 

07SERIES VJ>07 VJC>07  卓球をもっと面白く WEB会員サービスMY VICTAS TSP2019チームウェアキャンペーン

Newsletter