クロスとストレート/ VICTAS journal | VICTAS卓球用品メーカー

カート

VICTAS Journal

クロスとストレート


卓球では台をはさんで、「クロスに打て」とか「ストレートを狙え」という 言葉を使う。「彼はフォアクロスの打ち合いに強い」とか「あの相手には 、バックストレートが有効だ」とか。 英語では、Smash CROSS COURT (クロスへのスマッシュ)とかBackhand DIAGONAL("バックハンドでクロスへ)と使ったリ、Hit in PARALLEL(ストレートに打つ)とかAttack DOWN THE LINE(ストレート攻撃)と用いる。しかし、クロス、ストレートのコースというのは台に対してどこに立って いるのかで微妙に違ってくる。スウェーデンなどでは「クロスに打て」「ストレートヘポールを送れ」と言うより「相手のもバックサイドを狙え」「フォアのサイドを切って打て」「相手のポケット(ミドル)を攻撃しろ」と相手コートのどこにボールを打つのかというはっきりとした指示を出すことが多いという。 練習でも試合でも、単にストレート、クロスと大きく分けるのではなく、相手のどこを狙うのか、ということが頭で描けるようになると、あなたの技もインサイドワークもかなりのハイレベルになった証拠といえるだろう。

【バッククロスへの3球目バックドライブを打つ練習】
https://www.victas.com/ja_jp/journal/technique/2018/03/15-8-46



【バックストレートへの3球目バックドライブを打つ練習】
https://www.victas.com/ja_jp/journal/technique/2018/03/15-8-47


NIWA KOKI マフラータオル VICTAS 丹羽孝希 VICTAS EZ CUSTOM 卓球 イージーカスタム ウェア シャツ パンツ オリジナルウェア もれなくソックスをプレゼント!TSPウェアキャンペーン

Newsletter