ラケット 卓球用語集:Journal/ インフォメーション | VICTAS卓球用品

カート

VICTAS Journal

ラケット

英語では、卓球のラケットのことを Racketのほかに,PaddleやBlade と呼んでいる。
ルールでは,ラケットの大きさ,形状、重量は自由。それなら,どんな材質でもOKというわけではない。いろいろと条件がある。
まずラケット本体の厚さの少なくとも『85%』は天然の木で、本体は平らで硬くなくてはならない。それに合板ラケットの接着層は『炭素繊維(カーボン)』『ガラス繊維』『圧縮紙』のような繊維材料によって補強できるが、接着層1つの厚さは全体7.5%また0.35mm以下でなければならない。
ラケットは握り方によって、シェークハンドラケットとペンホルダーラケットに分けられる。また一枚の木から作られるものを単板ラケット。 何枚かの木で作られるものを合板ラ ケットと呼ぶ。 近年は,合板ラケットが主流だが,ベンホルダー選手の間ではまだまだ単板ラケットの人気がある。単板ラケットは弊社製品ではヒノキが販売されているが、単板使用者いわく 「ジャストミートしたときの手 がしびれる感覚がいい」とのこと。
ラケットによって、弾みの度合いや形や重量がいろいろあるので、自分の戦型や貼るラバーに合わせて、慎重に選びたい。

 スーパーヴェンタス アドバイザリースタッフ
Newsletter