裏ソフト Tabletennis Dictionary:Journal/ インフォメーション | VICTAS卓球用品

カート

VICTAS Journal

裏ソフト

 裏ソフトはゴム質、粒、スポンジの硬軟でスピン系、スピン&スピード系、コントロール系に分けられる。ラバーの替え時に注意しよう。

今では、世界の卓球もスピンとスピードを追及したスタイルになり、裏ソフト利用者が主流になっている。裏ソフトラバーは大きく分けて1.スピン系、2.スピン&スピード系、3.コントロール系の3種類。



スピン系は、ボールの摩擦力を出すために、粘着性のラバーシートに、スポンジは硬めを使っている。スポンジの硬度(数字が高いほど硬い)は45-50度。スピード&スピン系は、弾力の強いラバーシートに硬めのスポンジをミックスし、反発力と摩擦力を追求した裏ソフト。スポンジの硬度は45~48度。コントロール系は、柔らかめのラバーシートで反発力を押さえ、スポンジ35度~45度で、コントロールと反発力を兼ね備えた裏ソフトと言われている。選手がラバーを使っていて一番気になるのがラバーの替えどき。



どうも調子が悪いと思ったら、ラバーが寿命を越えていて、ボールが飛ばなかったということがある。ラバーの寿命というのは、その人の練習時間や練習内容、プレースタイルで大きく異なる。たくさん練習したとき、多球練習やロボット練習などで、ドライブ、スマッシュ練習をたくさんしたときなどは、ラバーはかなり消耗している。また、裏ソフトの表面は大変デリケートで、体育館の床のワックスなどの油汚れや、ボールについたホコリなどが付くと、寿命も短くなり、ボールをたくさん打てば、表面はすり減る。それに長い間空気に触ていればゴムは酸化し、弾力が失われる。

打っていてボールの引っかかりがなくなってきたり、打球するところが他のところと反射が変わったりしたら、ラバーの替えどき。よく練習する人は、通常、2週間から1ヵ月半の間に替えたほうがよい。

練習中や試合中にラバーに息を吹きかけ、ショーツのところでふき取っている人を見かけるが、これはラバー表面が繊維でこすれ、寿命を短くするのでやめた方が良い。

練習中にホコリを取るときは息を吹きかけ、手の平でぬぐい,練習後にはラバークリーナーでホコリ、油汚れを取り、ラバー表面に保護シートをかぶせ、ケースにしまうのがラバーを長持ちさせるコツだ。

ラバーのメンテナンスについて




V>15 Extra(VICTAS)

スーパーヴェンタス(TSP)

威力重視・・・相手の球に負けず、打ち抜きたい パワータイプの方


VJ>07 Regular(VICTAS)

ヴェンタススピン(TSP)

ラリー重視・・・「スピン」「スピード」「コントロール」、あらゆるプレイの質を向上させたいバランスタイプの方



V>01 Limber(VICTAS)

ヴェンタスベーシック

安定・使いやすさ重視・・・攻守共に扱いやすさを重視したい方・コースを狙いたいコントロールタイプの方

卓球をもっと面白く WEB会員サービスMY VICTAS LINE@ LINE始めました VICTAS お知らせ VICTAS Advisory 契約選手 卓球

アウトレット 07SERIES VJ>07 VJC>07  TSP2019チームウェアキャンペーン
Newsletter