スポンジ硬度 Tabletennis Dictionary:Journal/ インフォメーション | VICTAS卓球用品

カート

VICTAS Journal

スポンジ硬度

スポンジの硬さは「硬度」で表しますが、数字が低ければ低いほど柔らかくなり、数字が高くなればなるほどスポンジが硬くなる。

もちろん裏ソフト用、表ソフト用、ツブ高用にスポンジの硬度も変わる。


裏ソフトではビギナー用などの安定を求めるラバーのスポンジは柔らかめの35度、威力を求める高弾性ラバーは45度前後というのが一般的。
コントロールを求めるラバーではボールが飛びすぎると困るために、弾力がありながらもボールがスポンジに食い込む35度の柔らかさを求めるのだ。

そして、パワー志向の高弾性裏ソフトの場合は、弾きのよい45度前後のスポンジでボールの威力を追及する。

中国製ラバーのスポンジは50度以上の硬さが一般的。
日本製ラバーはラバーシートもスポンジも柔らかく、ボールの食い込みが多く、回転もかかり、強く飛ばすこともできるが、相手ボールにも影響を受ける。

ところが中国製ラバーは、ラバーシートもスポンジも硬い。つまりボールが当たったときのラバーのツブの形状変化が少ないために、相手ボールの影響を受けにくい構造になっている。
そのためにブロック技術もやりやすい反面、ボールが食い込むという感覚に乏しく、前陣攻守には適しているが、中陣での打ち合のときにはドライブの飛距離、安定性において日本製ラバーよりもやや劣るかもしれない。

卓球をもっと面白く WEB会員サービスMY VICTAS LINE@ LINE始めました VICTAS お知らせ VICTAS Advisory 契約選手 卓球

アウトレット 07SERIES VJ>07 VJC>07  TSP2019チームウェアキャンペーン
Newsletter