粒高ラバーのメンテナンス Tabletennis Dictionary:Journal/ インフォメーション | VICTAS卓球用品

カート

VICTAS Journal

粒高ラバーのメンテナンス

粒が切れるのは危険だ

 現在のルールでは『ゴムシートは2mm以内』と規定されている。もちろん、粒が低くなったり、太くなったりすれば粒高効果は薄れる。スポンジは薄ければ薄いほど、変化が大きくなり、厚ければ厚いほど、攻撃もしやすくなり、コントロールも増すが、変化度が小さくなる。

 粒高ラバーの場合、粒の下のゴムシートを薄くすればするほど、粒は折れやすく、また曲がりやすくなり、それだけボールの変化は大きくなる。ゆえに粒が切れやすい。つまり、粒高効果を発揮するラバーであればあるほど、粒が切れやすくなる。粒がきれないように粒の下のシートを厚くしたりゴムを硬くしたりすると、もちろんボールの変化は小さくなり、粒高効果も少なくなる。変化が大きい粒高ラバーにとって、粒が切れるのは宿命とも言えるのだ。

 粒高はゴムが柔らかくよく曲がるために、ラバー寿命はほかのラバーよりも極端に短くなる。攻撃をたくさんする人は、3日~1週間。ブロックやカット中心の選手は1~3週間くらいで替えるのが妥当だろう。(マシンなどを使い多球練習するともっと短くなる)。

替え時は、粒の根っこが切れた時。いつも入っているボールが入りにくかったり、“コントロールがどうも悪くなった。なんかおかしい”と思ったら、粒の根っこをチェックしてみてほしい。また、練習前や試合前には、常に粒をみて、キズが入っていないかを確認する習慣をつけるようにしよう。


 保管の注意点は、粒と粒の間の埃や塵はラバーの質を低下させるため、ラバークリーナーとハケハケぶらっしーで手入れする。
 直射日光・高温多湿を避け、常温で保存する。
 夏のように気温が高いときは、ゴムが柔らかくなり粒が良く曲がるので、ボールの変化も大きくなるが、気温が低い時やクーラーの効いた体育館では曲がりが小さくなる。
 冬の試合などでは、ラケットをふところに入れたり、使い捨てカイロなどをラバーに当てたりして、粒を柔らかくしてからプレーすると良いだろう。



<関連ページ>
【VICTAS JOURNAL:卓球用語集】
粒高ラバー
粒高ラバーと戦型

卓球をもっと面白く WEB会員サービスMY VICTAS LINE@ LINE始めました VICTAS お知らせ VICTAS Advisory 契約選手 卓球

アウトレット 07SERIES VJ>07 VJC>07  TSP2019チームウェアキャンペーン
Newsletter