グリップ(シェークハンド)/ VICTAS journal | VICTAS卓球用品

カート
  • ピッチフォード選手・吉村和弘選手のサイン入りラケットをプレゼント! 詳細はこちら

VICTAS Journal

グリップ(シェークハンド)

▼卓球ラケットの握り方

『死角のないニュートラルなグリップがおすすめ』

 握手するようにラケットを握るのが「シェークハンドグリップ(Shake Hand Grip)」。
シェークハンドグリップといってもいろいろな握り方がある。それぞれ一長一短があるが、その人の顔や性格が違うようにグリップも一人ひとり違う。選手の身長、筋力、プレースタイルによって握り方を見るだけでその選手の卓球の長所、短所がわかる。
 初心者が基本技術を身につけるときには、死角のない標準的な握り方をすることが上達への近道になる。
 シェークハンドグリップには大きく分けて3種類ある。一つは標準的な「ニュートラルグリップ」、そして「フォアハンドグリップ」と「バックハンドグリップ」。

木原美悠 VICTAS JOURNAL 卓球用語集 グリップ(シェークハンド)
木原美悠(JOCエリートアカデミー)
 
 まず、握ったらラケットが真ん中にまっすぐ腕の延長戦上にきていれば、これは「ニュートラルグリップ」。
ラケットのフォア面が体側に向いていたならば「バックハンドグリップ」。
反対にラケットのフォア面が外側に向いていたならば「フォアハンドグリップ」である。
 現代卓球に求められているのは、早さと変化に対応できるオールラウンド卓球。そのために対応しやすいニュートラルグリップをおすすめする。

 

『ニュートラルグリップ』

卓球 シェークハンド ラケット グリップ ニュートラルグリップ

 文字通り標準的なグリップ。フォアハンドもバックハンドもやりやすい。

 

『フォアハンドグリップ』

卓球 シェークハンド ラケット グリップ フォアハンドグリップ

 腕を伸ばしたとき、腕の外側にラケットが向く握り。

フォアドライブやフォアクリップ(台上のはらい)は手首のひねりが使いやすくやりやすいが、フォアスマッシュ、バックドライブ、チキータなどのときは角度が不安定になったり、手首が使いにくかったりする面もある。

 

『バックハンドグリップ』

卓球 シェークハンド ラケット グリップ バックハンドグリップ

 腕を伸ばしたときにラケットが腕の延長戦上より内側に向く握り。バックドライブ、チキータなどがやり易いが、フォアドライブ、フォアフリック、バックスマッシュなどがやりにくい。


  <関連ページ>
【VICTAS JOURNAL:卓球用語集】
グリップ(ペンホルダー)
ラケットの削り方と握り方(ペンホルダー)
グリップ(シェークハンド)の力加減

07SERIES VJ>07 VJC>07  卓球をもっと面白く WEB会員サービスMY VICTAS LINE公式アカウント VICTAS お知らせ

Newsletter