フォロースルーとフィニッシュ/ VICTAS journal | VICTAS卓球用品メーカー

カート
  • 卓球総合メーカー「 VICTAS (ヴィクタス)」は創業90周年を迎えました 詳細はこちら
  • 『創業90周年記念 選手モデルラケット』を発売いたします 詳細はこちら
  • 『V>15 Extra』と『VENTUS シリーズ』に新カラーが登場しました 詳細はこちら

VICTAS Journal

フォロースルーとフィニッシュ

フォロースルー(Follow Through)とは、打球(インパクト)後に振りを十分に伸ばし切る動作を言い、フィニッシュ(Finish)は振り終わった最後のところを示す言葉のこと。

卓球の振り(スイング)で一番大切なのは「インパクト」だ。以下にボールに強い回転、速いスピードを与えるか、逆にいかに弱く、ソフトにボールを扱うか、いかに適切なラケットの角度でボールに対するかが大切だ。

 その「ベストインパクト」が「もっと良くなる」といったアドバイスが出てくるのだ。

しかし、フォロースルーがきれいでもボールに威力がなければ点は取れないし、大きすぎるフォロースルーでは次の戻りが遅くなるので次の動作に結びつくような簡潔なフォロースルーがベストだろう。
卓球 VICTAS ヴィクタス ビクタス VICTASJOURNAL 吉村和弘 契約選手
吉村和弘(東京アート)

 一方で、あまりスイングを決めつけたり画一化したりしては現代卓球の速くて複雑な変化のボールの応酬にはついていけない。フォームや形を追求する打ち方の落とし穴がそこにある。

ボールによってバックスイング、フォロースルーを変えることで様々な場面やボールに対応することができる。一番大切なことはフォームや形ではなく、どんなボールをどこに打ちたいのか、ということだ。


正しいスイングや基礎的技術を学べる!『上達のコツ』をチェック!

90周年特設ページ
 カラーラバー EZCUSTOM
Newsletter