前陣、中陣、後陣 卓球用語集:Journal/ インフォメーション | VICTAS卓球用品

カート

VICTAS Journal

前陣、中陣、後陣

卓球にはいろいろなプレースタイルがあり、その選手、そのスタイルにあったプレー領域がある。そのプ レー領域「陣」である。 どこからどこまでが〇陣、という決まりはないのですが、一般的に台のエンドラインから1 mまでを前陣(close-to-the table)、1mから2mまでを中陣 (middle-distance)、それ以上台から離れた部分は後陣(long-distance)と言う。中国語では、前陣が近台、中陣が中台、後陣が遠台という。 速攻選手は前陣でプレーする。中陣や後陣では早い打球点で打つことはできない。ドライブを中心にプレーする人はだいたい前、中陣。ロビングのように相手から打たれてしのぐときは後陣でプレーする。

「自分は前陣速攻型だから、台から離れられない」なんていうふうに几帳面な人はいないと思うが、前陣速攻型でも中陣でしのがなければいけないときはもちろんあるし、ドライブ主戦の人でも前陣での早いプレーができないと、今の卓球では勝つことができない。つまりオールラウンドプレーだ。しかし、基本となる自分のプレー領域をつかんでおくことは、ふだんの練習や試合のときに大切なことである。カットマンは中陣や後陣でプレーすることが多くなりますが、やはり前陣で相手の強打をブロック、ドライブを前陣でショートスイングのカットなんていう技術も必要。

 スーパーヴェンタス アドバイザリースタッフ
Newsletter