回転 卓球用語集:Journal/ インフォメーション | VICTAS卓球用品

カート

VICTAS Journal

回転

卓球はあらゆる球技の中で、最も回 転の要素が大きいスポーツ。テニスでもドライプボール、スライスボール (カット性)があるが、卓球のボー ルほどの回転最や種類はない。
回転の種類は大きく分けて3つある。ひとつは,前進回転=トップスピン(Top-Spin)。ボールを上にこすり上げたり、ボールの上部をこすったりすることでトップスビンが生まれる。文字通り前へ進もうとするスビンだが、ある一定以上の回転量を与えると空気抵抗のために下方向へ沈み落ちる性質もある。また相手のラケットに当たると上方向に反発する。ドライブ やロビングはこのスピン。
次に後進(後退)回転=バックスピン(Back-Spin)。これは一般的に下回転と呼ばれ、後ろに戻ろうとする回転で、ボールの下部を下方向、前下方向にこすればバックスピンは作 れます。ツッツキ、カットはこの回転で、担手のラケットに当たると下に落ちようとします。 そして、横回転=サイドスピン (Side-Spin)。右回りと左回りのサイドスピンがあり、これもやはり空気抵抗によって右に曲がったり左に曲がったりする。この横回転は上回転や下回転とくっつき、横下回転、横上回転といった複合回転を作っていくことができる。
このような回転の性質を理解し、うまく使えれば卓球の早い上達は間違いなしだ。

 スーパーヴェンタス アドバイザリースタッフ
Newsletter