2018年世界卓球選手権団体戦 最終結果 国際大会:Journal/ インフォメーション | VICTAS卓球用品

カート

VICTAS Journal

2018年世界卓球選手権団体戦 最終結果

★男子団体
優勝:中国(9大会連続21回目)
準優勝:ドイツ
3位:スウェーデン、韓国
ベスト8:日本、オーストリア、イングランド、ブラジル

☆女子団体
優勝:中国(4大会連続21回目)
準優勝:日本
3位:香港、コリア
ベスト8:オーストリア、ウクライナ、ルーマニア
※韓国と北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)は準々決勝を戦わず、統一チームの「コリア」を結成

8日間の全日程を終えた世界選手権団体戦ハルムスタッド大会。来年の世界選手権個人戦は、4月21〜28日にハンガリーの首都ブダペストで開催。2020年東京五輪は、いよいよ間近に迫ってくる。
女子団体2位の日本女子チームは、決勝トップでの伊藤の先制点を足がかりに、さらに中国との距離を詰めるための努力が続く。ベスト8だった日本男子も、2位のドイツや3位の韓国・スウェーデン、同じベスト8だった各国とは、実力が接近している。貴重な経験を積んだ張本智和、16年リオ五輪を経験した水谷隼、丹羽孝希らを中心に、東京五輪を目指して切磋琢磨を続けていく。勝利を自信にして、敗戦を糧にして、チーム・ジャパンはまだまだ強くなる。

これで2018年世界卓球選手権団体戦、ハルムスタッド大会の現地速報を終わります!

※上写真は女子団体表彰での日本女子チーム、下写真は男子団体表彰での中国男子チーム(優勝/上)、3位の韓国男子チーム

Newsletter