ベルギー戦後の丹羽孝希「水谷さんが戻ってくるまで頑張りたい」 国際大会:Journal/ インフォメーション | VICTAS卓球用品

カート

VICTAS Journal

ベルギー戦後の丹羽孝希「水谷さんが戻ってくるまで頑張りたい」

 水谷不在のベルギー戦をストレート勝ちで乗り切った日本男子チーム。倉嶋洋介監督は試合後、「水谷は(いつ復帰できるか)わからないです」とコメント。水谷の背中の故障は、思ったよりも重いようだ。「今いるメンバーで、水谷が帰ってくるまで全勝を守ろうとミーティングで言いました」(倉嶋監督)。

 ベルギー戦で会心の勝利を収めた丹羽は、試合後、次のようなコメントを残した。「初戦は大事だし、チームの勢いもつけなければいけないし、良いプレーができたと思う。1番なので良い流れを作りたかったし、相手もエースだったので集中してやれた。下がると厳しくなるのでリスクを負ってでも前で攻めようと思った。調子は良いので明日につながります。試合前は緊張したけど、1ゲーム目を取ってからは緊張せずに自分の流れでできた」。
 最後に「水谷さんが戻ってくるまで、チームの総合力で頑張りたい」と語った丹羽。彼にかかる負担は小さくないが、準決勝・決勝で起用されなかった前回大会の雪辱を果たすためにも、エースの働きを期待したい。

 2番で勝利した張本は、「丹羽さんが3-0で勝ってくれて、自分も楽にプレーができて、結構良いプレーができました」とコメント。バックはいつも通りで、フォアも悪くはなかったけど、台上があまり良い感じではなかったので、明日修正したい。水谷さんというエースがいないのは寂しいけど、それでも勝てるチームだと思っています」(張本)。明日のイングランド戦に向け、さらに調子を上げていきたい。

(記事・写真提供/卓球王国)

Newsletter