試合後の伊藤美誠「1ゲーム目の出足から調子が良かった」 国際大会:Journal/ インフォメーション | VICTAS卓球用品

カート

VICTAS Journal

試合後の伊藤美誠「1ゲーム目の出足から調子が良かった」

 日本女子が3−0で完勝したウクライナ戦、トップでカットのガポノワにストレート勝ちした伊藤美誠のプレーは危なげがなかった。以前はスマッシュのミスを連発して自滅することもあったカット打ちだが、回転をきっちり見極め、複雑な回転のカットにも正確に角度を出しながら返球していく。そして攻撃に転じた時のフォアスマッシュには、敵陣を切り裂くような切れ味があった。

「1ゲーム目の出足から調子が良かったし、チームとしても自分たちの試合ができた。トップは好き。何番でも自分の100%を出せる選手になりたいです。今の試合は楽しくできました」と試合後にコメントした伊藤。2番で勝利した石川も「美誠ちゃんが良い流れを作ってくれた」と伊藤を讃えた。3番平野が落ち着いたプレーを見せてくれたのも、日本女子にとっては好材料だが、まずはリオ五輪を経験している石川・伊藤を軸に、予選リーグを戦っていくことになる。

(記事・写真提供/卓球王国)

Newsletter