LION ITTF・ATTUアジアカップ横浜2018 女子最終日 総括 国際大会:Journal/ インフォメーション | VICTAS卓球用品

カート

VICTAS Journal

LION ITTF・ATTUアジアカップ横浜2018 女子最終日 総括

LION ITTFATTUアジアカップ横浜2018 46日(金)~8日(日)横浜文化体育館>

アジアカップ最終日となった8日、上位8名による順位決定戦が行われた。

女子決勝は中国選手同士の対決となり、世界ランク1位の朱雨玲が2位の陳夢を下しアジアカップ2連覇を果たした。

台から出るか出ないかの長さのハーフロングサーブやストップへの処理が勝敗を分けた。朱雨玲は陳夢のフォア前にストップレシーブできない横回転のハーフロングサーブを出し、3球目攻撃で先手を取った。またレシーブ時には台から出た陳夢のサーブを見逃さずに攻撃をし、有利に試合を進めた。

3位決定戦では石川佳純(全農)がフルゲームの激戦を制した。石川はチャイニーズタイペイの鄭怡静に対し、台から下がらず前陣でプレーをし続けた。要所で鄭のフォアへバッククロスへのバックドライブとフォアストレートへのフォアドライブが決まり、流れを引き寄せた。

昨年のアジア選手権覇者の平野美宇(日本生命)は4-2で杜凱琹(香港)に勝利し、最終順位は5位となった。

(朱雨玲は圧倒的な強さを見せ2連覇を飾った)

(陳夢は朱雨玲の正確無比なプレーに敗れた)

(石川は3位となり世界選手権への弾みをつけた)

(平野は徐孝元(韓国)と杜凱琹(香港)に連勝し意地を見せた)

<アジアカップ最終日 女子結果>

決勝

朱雨玲 4 (10, 10, -10, 3, 4) 1 陳夢

3位決定戦

石川佳純 4 (9, -7, 4, -9, 8, -8, 7) 3 鄭怡静(チャイニーズタイペイ)

56位決定戦

平野美宇 4 (-9, 4, 6, -8, 10, 9) 2 杜凱琹(香港)

78位決定戦

陳思羽(チャイニーズタイペイ) 4 (5, 6, -7, -5, 10, 10) 2 徐孝元(韓国)

【写真:脇屋徳尚】

Newsletter