最終日:女子シングルス準決勝2

2018/01/21
  • 国内大会

全日本卓球選手権大会最終日:女子シングルス準決勝(2)平野 対 永尾

今年の4強の中で唯一の社会人選手の永尾と、エリートアカデミー所属の平野の対決は、フルゲームジュースにもつれ込む激しい戦いとなった。


平野-3 永尾

 

1ゲーム目、鋭い表情の平野、落ち着きの中気迫を漂わせる永尾。前陣での両ハンドドライブ、カウンターの打ち合い。永尾がカウンター気味にドライブを打つ度に粘着ラバー特有の打球音が響く。点の取り合いが続く中、永尾が11-9で先取。

 

2ゲーム目、平野の攻撃が勢いを増して7-3と先行。ここから永尾が連続サービスエースで7-5。永尾のサービスが良く切れている。平野が巻き込みサービスからの3球目攻撃と落ち着いたプレイで得点を重ねて11-5でゲームを取り返した。

 

3ゲーム目、平野がサービス、レシーブからの展開を支配して一気に9-0に。平野の攻撃が鋭さを増し回転量の多いドライブやつっつきが永尾のミスを誘う。11-2で平野が連取。

 

4ゲーム目、永尾の渾身の3球目バックハンドドライブ攻撃をバックハンドカウンターで相手クロスへ打ち抜いた平野。ハリケーンの勢いは止まらない。永尾の両ハンドドライブに対して前陣でカウンターを決め平野が9-5と先行。ここから永尾がサービスで平野のミスを誘い2本連取したところで平野がタイムアウト。永尾のサービスがハリケーンの勢いをかき消した。永尾が7本連取で逆転、11-9でゲームを奪取した。

 

5ゲーム目、永尾の巧みなサービスと両ハンドドライブが平野の超攻撃卓球を封じ込める。6-6から永尾がサービスから2本連取。ここで平野がサービスを巻き込みから純横に変えて2本取り返す。お互いのネットインからジュースに。ここでも永尾のサービスが平野を封じ込めた。永尾が13-11でゲームを連取した。

 

6ゲーム目、平野の表情が一段と険しくなり厳しいコースへ攻撃を決める。一方、永尾のプレイに固さが出てきてミスを繰り返す。平野が11-5で取り返して、最終ゲームへ。

 

7ゲーム目、平野の声が出始めた。ネットインに落ち着いて対処し攻撃を決める平野。永尾の変化サービスに対しても対応。平野が5-2とリードしたところで永尾がタイムアウト。コーチのアドバイスを聞く平野の表情は落ち着いていた。永尾がサービスからバックドライブ攻撃で連続得点して猛追、9-9でついに追い付く。平野がサービスから攻撃を決めて先にマッチポイントを握るが永尾が次のラリーを制してジュースへ。ここで永尾のサービスを平野が好レシーブ。甘く返った永尾の3球目を平野が渾身の強打。再びマッチポイント。平野のロングサービスを永尾がレシーブ強打に行ったがミス。平野が12-10で最終ゲームを取り、連覇をかけた決勝への切符を手に入れた。

(写真:脇屋徳尚)