全日本卓球選手権大会6日目:男子ダブルス決勝~プロと社会人による頂上対決 国内大会:Journal/ インフォメーション | VICTAS卓球用品

カート

VICTAS Journal

全日本卓球選手権大会6日目:男子ダブルス決勝~プロと社会人による頂上対決

大島・水谷 3-1 上田・吉田

 

1ゲーム目、両ペアとも切れの良い動きで得点を奪い合うが、先にゲームポイントを取ったのは大島・水谷。上田・吉田が鋭いカウンターなどで追い上げるも、11-9で大島・水谷が先制。

 

2ゲーム目、4人がコート狭しと飛び交うビッグラリーからスタート。双方技ありの応酬の中、水谷が抜きんでた引き合いやカウンターブロックでゲームをリード。しかし粘り強い上田・吉田がここ一番を決めてジュースに持ち込む。吉田のパワーチキータレシーブを決めて、14-12で上田・吉田がゲームを取り返した。

 

3ゲーム目、リスクを取って前陣で戦う上田・吉田に対してしのぐ大島・水谷。拮抗するゲーム展開の中で9-9としたところで水谷の好プレイから流れをつかみ、大島・水谷が11-9でゲームを取り返した。

 

4ゲーム目、上田・吉田が1-4と話されたところでタイムアウト。挽回を期して追い上げを図るも高速ラリーを大島が決めたところで、場内のどよめきとともに流れが大島・水谷に。11-4でゲームを取り、大島・水谷が優勝を決めた。

 

(写真:脇屋徳尚)

Newsletter