全日本卓球選手権大会大会6日目:女子ダブルス決勝~10代ペア対決 国内大会:Journal/ インフォメーション | VICTAS卓球用品

カート

VICTAS Journal

全日本卓球選手権大会大会6日目:女子ダブルス決勝~10代ペア対決

伊藤・早田 3-1 梅村・塩見

 

1ゲーム目、11-5で梅村・塩見が先制。四天王寺高ペアが前陣から速いピッチの攻めと異質ラバーの変化で流れをつかんだ。

 

2ゲーム目、異質ラバー使いの相手ペアの球に対して感覚をつかんできた伊藤・早田が11-7で取り返した。

 

3ゲーム目、早田のフォアクロスドライブ、伊藤のバックブロックなどで一気にゲームポイントを取ったがそこから追い上げを受けて10-7になったところで伊藤・早田がタイムアウト。仕切り直して攻め込む伊藤・早田、しかし梅村の絶妙のバックブロックが早田のフォアクロスを止めて10-8に。流れが変わりかけたが、伊藤・早田が振り切って11-9でゲームを取った。

 

4ゲーム目、伊藤・早田がスタートダッシュで3-0としたところで、四天王寺高ベンチがタイムアウト。伊藤・早田ペアの怒涛の攻めを下がらずブロックで押し返す梅村・塩見が追い付く。しかし、伊藤・早田が立て続けに鋭い攻撃を決めてその上を行く。塩見のフリックレシーブを3球目カウンタースマッシュで決めた伊藤のプレイは圧巻だ。そこから一気に得点を重ね10-5でこのゲームを取り、伊藤・早田が3-1で優勝を決めた。

 

試合後の優勝者インタビューでは、伊藤・早田の二人が満面の笑みで自信に満ち溢れたコメントをしていた。今後の更なる活躍を予感させた。

 

Newsletter