全日本卓球選手権大会5日目:女子シングルス5回戦ピックアップ~社会人と黄金世代の激突 国内大会:Journal/ インフォメーション | VICTAS卓球用品

カート

VICTAS Journal

全日本卓球選手権大会5日目:女子シングルス5回戦ピックアップ~社会人と黄金世代の激突

松澤茉里奈 4-0 奥下茜里

1ゲーム目はバックサービスから3球目攻撃で得点を重ねて松澤が11-4で先取。

2ゲーム目、奥下がフォアハンドで松澤で攻めバックハンドで奥下の両サイドを攻め点の取り合いでジュースに。お互いバックサービスで点を取り合うが14-12で松澤が2ゲーム目も制した。

3ゲーム目、お互いバックサービスが利いて互角の展開。そこから松澤がレシーブから積極的にバックハンドで攻撃。これが連続で決まり一気に得点を重ねて11-6で松澤が取った。

4ゲーム目、流れは変わらず松澤が6-2でリード。ここで奥下がタイムアウトを取ったが流れは変わらず、松澤が11-3でこのゲームも取り試合を決めた。

 

前田美優 4-2 加藤美優 

1ゲーム目、出足は点を取り合い。5-5から前田が3連続得点。そのままの勢いで11-7で前田が先取。

2ゲーム目、打ち合いを有利に展開し前田が8-4とリード。そのまま攻め切り11-7で前田が連取。

3ゲーム目、加藤のドライブが入りだして序盤5-5まで一進一退。そこから前田が速攻で得点を重ね得点を先行するが加藤も粘り9-9に。10-9で逆転したのちレシーブがネットインして11-9で加藤が3ゲーム目を取り返した。

4ゲーム目、序盤、加藤の両ハンドドライブが決まりだし5-0でリード。ここから点を取り合う展開になったがしゃがみ込みサービスからの攻撃で展開を有利に進めた加藤が11-4でゲームを連取した。

5ゲーム目、序盤、前田が加藤のしゃがみ込みサービスに対してレシーブから攻め5-3でリード。サービスを変えた加藤が追い付き5-5。前田が速攻で突き放して10-6。加藤がラリーに持ち込み粘りを見せて10-8になったところで前田がタイムアウト。前田が速いピッチで攻め続け11-9で押し切った。

6ゲーム目:前田に先行されて1-3と劣勢になったところで加藤がタイムアウト。前田のフォアと加藤のバックの打ち合いは前田が有利に得点を重ね8-2。ここから加藤が9-7まで追い上げたが最後は前田がフォアハンドで連続得点。前田が11-7でこのゲームを取り4-2で試合を決めた。

 

早田ひな 4-2 加藤杏華

1ゲーム目:双方の点の取り合いで終盤まで互角の展開だが、そこから加藤のドライブが冴えて連続得点。11-8で先取。

2ゲーム目:序盤、早田が5-3でリード。点を取り合い8-6。ここから早田が加藤のミスを誘い先行し11-7で取り返した。

3ゲーム目、序盤は5-5で互角の展開だが、早田の攻めのピッチが上がり加藤を押し込んで10-7に。ここから加藤が粘り見せたが11-9で早田がゲームを連取。

4ゲーム目、加藤が序盤7-5でリード。加藤の攻撃も鋭さを増した。早田の両ハンドドライブと激しい打ち合い。加藤が10-6でゲームポイントを握る。ここから早田が猛追するも加藤が11-9でゲームを取り返した。

5ゲーム目、早田のギアが一段上がった。序盤はサービス、台上で有利に展開した早田が6-2でリード。勢いを増した両ハンドドライブ連打で得点を重ねた早田が11-5でこのゲームを制した。

6ゲーム目、加藤も果敢に攻めるが早田の攻撃の勢いがそれを上回る。ゲームは早田がリードを広げて進んだが8-5になったところで早田がタイムアウト。タイムアウト後の1本は激しいラリーになったが早田が取った。その流れのまま早田が11-6でこのゲームを取り試合を決めた。

 

伊藤美誠 4-1 平真由香

1ゲーム目は伊藤が一気に得点を重ねて11-2で先取。

2ゲーム目も伊藤のスピードが平を圧倒して11-4で連取。

3ゲーム目、平が伊藤のスピードに食らいつき、またサービスからの得点で6-6に。ここから平のサービスが利いて先行し11-7でこのゲームを取り返した。

4ゲーム目、3ゲーム目の勢いで平が先行したが伊藤が追い上げ、9-6となったところで平がタイムアウト。そのタイムアウト後の最初の1本で平が痛恨のサービスミス。ここから伊藤が盛り返して逆転、伊藤が11-9でこのゲームを奪取。

5ゲーム目、地力に勝る伊藤が速攻で得点を重ね11-5でこのゲームを取り試合を決めた。

(写真:脇屋徳尚)

Newsletter