男子シングルス決勝 戸上隼輔(明治大)が初優勝/ VICTAS journal | VICTAS卓球用品メーカー

カート

VICTAS Journal

男子シングルス決勝 戸上隼輔(明治大)が初優勝

2022.01.30

天皇杯・皇后杯 2022年全日本卓球選手権大会(一般・ジュニアの部)が2022年1月24日(月)~1月30日(日)にかけて、東京体育館にて開催。

■男子シングルス決勝
戸上隼輔4(9,-10,7,-8,6,6)2松平健太
攻撃力の戸上vs柔軟性の松平の一戦。早い展開で攻めていきたい戸上に対し、松平は打球点を落としたふわっとしたストップやブロックで戸上の攻撃を上手くいなしていく。
2-2で迎えた5ゲーム目、松平が5-3とリードしたところから戸上が驚異の連続得点で逆転で奪うと、勢いそのまま6ゲーム目も突き放し、自身初となる優勝を決めた。


素早いフットワークで動き回り、松平の堅守を打ち抜いた。


戸上にパワーでは劣るものの、柔軟なプレーでミスを誘い得点を重ねた松平


優勝後のインタビューでは、「日本を背負う覚悟で、自分が引っ張っていく気持ちで頑張りたい」と答えた戸上。
以前に比べて安定感、威力共に増しており、確実にレベルアップしている。今後の日本を引っ張る柱となれるのか、成長がとても楽しみだ。

90周年特設ページ
 カラーラバー EZCUSTOM
Newsletter