男子シングルス準決勝 戸上隼輔(明治大)が初の決勝へ/ VICTAS journal | VICTAS卓球用品メーカー

カート

VICTAS Journal

男子シングルス準決勝 戸上隼輔(明治大)が初の決勝へ

2022.01.30

天皇杯・皇后杯 2022年全日本卓球選手権大会(一般・ジュニアの部)が2022年1月24日(月)~1月30日(日)にかけて、東京体育館にて開催。

■男子シングルス準決勝
・戸上隼輔4(7,4,9,5)0丹羽孝希
明治大学の先輩後輩対決となったこの試合は、戸上が高速両ハンドで丹羽を攻め立てる展開。
丹羽も得意の速攻で戸上を崩そうと試みるが、戸上はそのスピードを上回り、ストレートでの勝利を収め、自身初となる決勝へ駒を進めた。


両ハンドのスピードが凄まじい戸上。丹羽を何度も打ち抜いた。


丹羽も攻めていったが、戸上の攻撃のリズムを崩すことはできず。

・松平健太4(9,10,-6,-12,8,-9,3)3吉村真晴
威力のある両ハンドで勝ち上がってきた吉村と、柔らかいプレーとブロックのテクニックで勝ち上がってきた松平。
予想通りハイレベルなラリーが繰り広げられたこの試合は、フルゲームの激闘の末松平が勝利。
吉村のパワーボールを何度もブロックで止め、甘く入ったボールをカウンターで打ち抜いた。


一発の威力はないものの、コースをついたブロック、カウンターで相手を崩した松平。


吉村は敗北後うなだれ、しばらく動けなかった。

これらの結果を受け、決勝戦は松平ー戸上となる。
戸上のスピードボールに対し、松平はどのように対処するのか。

90周年特設ページ
 カラーラバー EZCUSTOM
Newsletter