男子ダブルス決勝は宇田/戸上が逆転でV/ VICTAS journal | VICTAS卓球用品メーカー

カート

VICTAS Journal

男子ダブルス決勝は宇田/戸上が逆転でV

2022.01.29

天皇杯・皇后杯 2022年全日本卓球選手権大会(一般・ジュニアの部)が2022年1月24日(月)~1月30日(日)にかけて、東京体育館にて開催。

■男子ダブルス決勝
・宇田幸矢/戸上隼輔(ともに明治大)3(-8,-12,5,6,7)2張本智和/森薗政崇(木下グループ/BOBSON)
世界選手権ヒューストン大会でも繰り広げられたこのカード。
序盤は宇田/戸上に簡単なミスが多く、2ゲームを連取されてしまう。
しかし3ゲーム目からはミスが減り、勢いに乗り始めるとそのまま3ゲームを連取し、大逆転での優勝となった。
宇田/戸上は直前の準決勝でも藤村友也/松下海輝(ともに日鉄物流ブレイザーズ)のゲームカウント0-2から逆転で勝利しており、尻上がりに調子を上げていくメンタルの強さを見せた。


攻め始めると止まらない宇田/戸上。


2ゲームを連取し、そのまま優勝するかと思われたが、後半は失速してしまった。


なお、男子ダブルスの最終結果は以下の通り。
優勝
宇田幸矢 / 戸上隼輔(ともに明治大)

準優勝
張本智和 / 森薗政崇(木下グループ/BOBSON)

3位
藤村友也 / 松下海輝(ともに日鉄物流ブレイザーズ)
大島祐哉 / 田添健汰(ともに木下グループ)

90周年特設ページ
 カラーラバー EZCUSTOM
Newsletter