女子ダブルス決勝 伊藤/早田が4連覇を達成/ VICTAS journal | VICTAS卓球用品メーカー

カート

VICTAS Journal

女子ダブルス決勝 伊藤/早田が4連覇を達成

2022.01.29

天皇杯・皇后杯 2022年全日本卓球選手権大会(一般・ジュニアの部)が2022年1月24日(月)~1月30日(日)にかけて、東京体育館にて開催。

■女子ダブルス決勝
・伊藤美誠/早田ひな3(10,-7,12,5)1宋恵佳/成本綾海

試合序盤は宋/成本がペースをつかみ、得点を重ねる。1ゲーム目を10-7とリードし、このまま先取点を上げるかと思われたが、伊藤/早田が粘りを見せ、逆転でこのゲームを奪う。
逆転の勢いでそのまま連取かと思われたが、宋/成本ペアが2ゲーム目を奪い、3ゲーム目も先にゲームポイントを握る展開に。
しかし宋/成本が11-10の場面でネットイン後の高く浮いたボールミスしてしまう。
そこから流れが変わり、伊藤/早田が逆転で3ゲーム目を奪うと、勢いに乗った伊藤/早田がそのまま4ゲーム目も奪い、優勝を決めた。


激戦を制し、笑顔を見せた伊藤と早田。
記録タイとなる4連覇を達成。


宋/成本は1ゲーム目、3ゲーム目とリードしていただけに悔しい敗戦。あと1点が遠かった。


女子ダブルスの最終結果は下記の通り。
優勝
伊藤美誠 / 早田ひな(スターツ/日本生命)

準優勝
宋恵佳 / 成本綾海(ともに中国電力)

3位
永尾尭子 /  南波侑里香(サンリツ/日本ペイントマレッツ)
石川佳純 / 平野美宇(全農/日本生命)

90周年特設ページ
 カラーラバー EZCUSTOM
Newsletter